2017/04/05

教育行政、徐々におかしくないですか?!

国会での森友学園問題、金がらみの問題、政治家問題が
追及、論議されていますが、教育の内容の問題も重大だと感じます。

「教育勅語」、を子供たちに暗記させる?
皇国史観、臣民としての国民、「一旦緩急あれば、天皇のために
命を投げ出す」ことを美徳とする「教育勅語」は戦後、国会で排除、失効
した歴史がありますが、
「いいことが書いてあるから」と肯定、教育にまたもや、
活用しかねない空気、動きは信じられません。

また、学習指導要領に、「銃剣道」を選択肢のひとつとして
導入など、教育内容そのものの、
過去への回帰、
安倍首相のいう、「取り戻す」
につながるような、
秘密保護法、盗聴法、武器三原則の撤廃を強行突破し、
そして「共謀罪」、
そして、
いよいよ、「ひとづくり」、教育内容への介入か?

次々ときな臭い、不安な方向へと進もうとしています。

そんななか、びっくりすることを経験しました。

今日、小学校の入学式に参加しました。
ところが、「議員は、一般者席に座ってください」「来賓扱いはしない、来賓紹介はしない」、ということでしたので、
保護者席で入学式を見守りました。

議員は地域から、選挙で議会へ送りだされています。
議会、議員は、行政運営を執行する機関に対し、住民から代表として、住民の声を届ける、住民の目線で行政執行側にもの申すということが期待される存在です。

そうした自覚にたって、卒業式、入学式に参加してきました。
今回のようなことは初めてです。
学校の方針です、ということなので、そうですか、と
言われた通りに行動しましたが、
こうした議員軽視、存在無視みたいな状況というのは、
教育をめぐる、
危険な空気を感じます。