2017/01/28

「変わり得る自分」、変わり得る可能性を!

「通販生活」という本、愛読している本ではないのですが、
先日連れ合いが、「面白いよ」と、わたされました。
通販本じゃないの、何が面白い? と思っていましたが、
朝の珠玉の時間、「コーヒータイム」の時に読んでみる。
ふむふむ。
「いいね」!

2P 湯浅誠さん 憲法第25条 ー生存権ー
貧困問題に20年かかわってきて、感じたこと。
「貧困」とは、貧乏プラス孤独だと。
孤独の中には、「困っているのに、誰も助けてくれない」という絶望が
含まれている」と。
 「企業や個人がこうして貧困者をすくいあげる姿勢
を取り続けることも、25条の実現に向けた人々の実践であると考える」

日本国憲法 第25条
 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する
 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び
公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

 湯浅氏 20年来の実践を通しての結論。
25条は、「求めない限り得られない権利」だとの考えはなるほど、感があります。

さて、読み進めると、P59 
落合恵子氏とかの小泉純一郎氏の対談記事が。

ん、見出しが「面白い」!

「国民の過半数は原発反対なのだから、選挙で原発ゼロを争点にすれば自民党は負けますよ」
   ・・確かに、確かに。(新潟でも、鹿児島でもそうだった、そうだった)

 お二人の対談、
展開、内容、「言葉」がいきいきしています。
原発推進から原発ゼロへ、
政治家の「まさかの坂」。
小泉氏、「原発は必要だと言っていた私が、まさか総理を辞めてこういう活動をするとは思わなかった」想定外だとさ。

変わり得る自分。
小泉氏「クラーク博士は少年よ大志を抱けと言ったけれど、老人でも
大志を抱いてもいい。私の対しは大志は原発ゼロ
老人でも、これからの若い世代にいいものを残したいとかんがえなければいけない」、
自民党総裁でも、ここまで変われる! いいね!

パワフルな「老人」
変われる「老人」

年を重ねれば、何が大事か、何を変えてはならないか、
きっと見えてくる。
見る力をもった「老人」になりたいものです。!


目白を見たくて、庭の枝に
みかんを 
 
キターッ!!
目白、それもつがい
目白は実に警戒心の強い鳥
窓越しなので、うっすらですが、わかりますでしょうか
一番上のみかんをついばんでいますよ

ついつい20分位、ぼーっと観察してしまいました。
 
 








2017/01/27

「津久井やまゆり園」事件から半年

 しんぶん赤旗 27日号3面、日本障害者協議会代表の藤井克徳さんの
インタビュー記事が載っています。

  この記事のなかで、日本で、為政者が植松容疑者と類似した言動をしてきた、と具体的に列記、紹介しています。
日本の土壌に優生思想が潜んでいることに目を向けなければなりません、と述べています。

 「優生思想」は過去のもの、現代の私たちがすでに乗り越えたものでは
ないのでは・・・というところに心底の気味悪さを感じるのです。

 そして、「優生思想と地続きなのが、現代の格差社会や不寛容社会です」と。
「この事件は現代の日本社会の問題点を投影している」とも。

 8割以上の障がい者が「相対的貧困線」である年間122万円以下で暮らしている、こと。
重度障がい者の中にこの事件に向き合う大事な視座がある、こと、などなど、現実は「差別、選別」では。

 国連の障害者権利条約17条
「すべて障害者は、他の者との平等を基礎として、その心身がそのままの状態で尊重される権利を有する」

日本国憲法13条
 「すべて国民は個人として尊重される」

を紹介しています。

今回の事件は国民一人ひとりの心の奥深くに問うものだと思います。

何度か、ネットから 繰り返し、観てきました障がい者と「優生思想」、
藤井克徳さんがドイツ訪問をしている番組です。
こちら

2017/01/24

「過労」と高齢者、市民にも

2日間連続、「高齢者の生活保護」の相談が続きました。
両方とも女性です。
離婚を決意し、働きつづけてけているが、ひとりの稼ぎでは、国民年金、パート収入足しても、家賃払って食べていけない70歳前半高齢者、もう一人は、離婚後、20年近く
一人で、必死に働き続けてきたが、80歳台前、体ももうボロボロ状態。
しびれと傷みのある手を病院で診てもらうお金もないし、心配。

必死で蓄えてきた貯蓄も、あとわずか。
もはや、限界と、思い切って相談へ。

2017/01/22

相模原でも市民連合の風が。

第27回党大会で感動した全国に吹く「市民連合との共闘」の風が,
相模原でも!
本日、相模大野ボーノで、「かながわ14区 市民の集い」が開催され、
「今こそ政治を市民の手に!」 山口二郎さん講演会
に参加しました。

主催は市民連合@県央(14区)です。
いただいた資料に
「来る衆議院選挙において神奈川14小選挙区で野党共闘を求める要請書」、「神奈川14区 市民から野党に向けての政策協定案」
等があります。
政党として、こうした市民の声を真摯に受け止めていくべきものだと思います。

 歴史がこうして、少しづつ動いていくんだな、というわくわく感を感じます。

2017/01/21

相模原に日本唯一のフィルムセンターの分館があるんです

19日に東京国立近代美術館フィルムセンターで行われる「映画鑑賞会」に参加しました。
フィルムセンターは、わが国唯一の「国立映画機関」で、昭和27年(1952年)に国立近代美術館の映画部門として、開設されたようです。

 センターは、東京都の京橋と相模原にあり、キャンプ淵野辺跡地、中央区高根3-1-4に相模原分館として建設されたとのこと。
 フイルム保存のため、厳密な空調管理がされていて、保存、復元、検査等が行われています。

 国内外の映画フイルム、関連資料の収集・保存・復元、企画上映会等様々な機能を有し、事業を行っています。

 2014年に映画フィルムの重要文化財指定を受け
映画保存棟を新設するなど、最高度の温湿度環境を整え、
文化財として、映画フイルムを確実に後世に伝えるための施設とのことです。
 (以上、「パンフ」より)

 市の広報で、企画上映会があることをたまたま目にし、申し込み、アニメーション映画を鑑賞しました。

2017/01/20

第27回党大会 出席 ②

 しんぶん赤旗(日刊紙)には、連日党大会の
代議員の討論、中央委員会結語、新中央委員など、
記事が載っています。

 北海道から沖縄、全国から、
国会議員、地方議員
各党組織、
党綱領のもと、結集している組織の一員であること、
改めて誇りを感じます。

15日から18日、まで、1日1日、宿泊宿からは約40分ちかく、
30分くらいはとんでもない坂道、「なんだ、坂、こんな坂」と
「一歩一歩」かみしめて、無言で歩き続けました。(あまりに急坂、会話できるゆとりがない!  4日目ごろには、この「運動」が快適に感じられるから不思議!)
連日快晴、防寒バッチリのコートを着て、
出発しても、途中から汗だく
なんという経験!
この道を国会議員もこつこつ歩く!


 

 日本の現在と未来に責任を持ち、「憲法擁護」し、「人間の尊厳」が守られる社会、「人間の全面発達をめざす」社会へ、
宗教でなく、理想論ではなく、現実社会に実現するために、
自分の有限な人生を重ね合わせて生きる。

 今大会が「歴史的大会」と言われる、意味と意義を
感じ取れたか、どうか。
感動を伝え、
「実践」につなげること、だと思っています。

第1回新中央委員紹介

  最終日、中央委員会 委員長報告結語は、
「こちら」 で、ご覧ください


 で、内容で、印象的なことを。
来賓あいさつでは、それぞれ、味わい深かったのですが、
ここで、中野晃一 (「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める
市民連合」)の挨拶を。(1月18日号に載っています)

2017/01/19

第27回党大会 出席 ①

 1月15日から18日まで開かれた 日本共産党第27回党大会に
出席してきました。

 1日目、3野党、1会派代表の来賓あいさつは

こちら でご覧ください。


 野党、市民連合との共闘が進むなかでの大会は感動的で、
討論では、全国の情勢変化が様々な分野で起こり、広がっていることが
発言され、また、他野党代表の発言や市民団体の代表の発言
から、歴史的転換点にある大会であることを感じさせました。

 少しづつ紹介させていただこうと思っています。

開会中は集中しますので、休憩時の写真だけですが、載せます。

 
開会、熱気、すごいんです。
党人生のうちでの2回目の党大会参加です
 
椎葉前南関東ブロック、比例候補と。
ん?隣のおばさんって私?そ、私。



 
 
 

2017/01/14

相模原 田名でいちご狩りできるの知ってる?

今日、行ってきました。
相模原中央区 田名4164-26 「なるベリーファーム」いちご園
予約制でいちご狩りができるんです。
看板も可愛いね
 
前回うわさに聞いて、行ったときは、定休日!
で、今日は田名方面に用事があり、ついでに寄ってみました。

いちご狩りは1月2日~5月下旬まで。
「紅ほっぺ」「おいCベリー」「あきひめ」「やよい姫」の4種類を食べ比べもできるとか。
4種類の食べ放題 30分だけど(十分か!)
 
高さもグッド。
 
開園日は毎週土曜日&日曜日

(080-1245-1515)
 ホームページやフェイスブックで詳細見れるそうです)

山梨や静岡でなく、地元相模原市で「いちご狩り」ができるとは!

ちょうど、若い社長さん(ファーム長さん?)がいらして、いろいろ興味深い
お話しも聞くことができました。
また、ちょんと、イチゴ一粒いただきました。


このいちご、大きさがわかりにくいのですが、めちゃくちゃ大きいのですよ!
感動的なくらい大きい!
美味しい!美味しい!
立派な観光農園です。

いいね、いいね。相模原。 若い社長さんのお話も感動!

今日はめちゃくちゃ忙しかった!
午前地元自治会のもちつき大会、田名、上溝、賀詞交歓会2件
党活動もばっちり!
さて、明日から別世界へ。

2017/01/13

相模原 公民館関係資料③-利用実態

時々、市教育委員会発行の「公民館資料」から、関係数字を
紹介しています。

今回は、H27年度 公民館施設利用一覧表 (団体区分別)
を見ていきます。

大沢公民館から佐野川公民館まで、31公民館(相原公民館は改修のため貸館業務はしていないなど、条件いくつかありますが、数字のみを紹介します。

全体合計数字は 人数  1,760,882人  団体数 134,772団体

1日あたり平均利用数は、実にばらつきがあります。
全体平均は1団体平均 13,1人 
1館あたり1日平均利用数 13,3団体 利用者 173,6人

これらの「数字」は、例えば、公民館まつりの人数なども入って
いるのか、どうか、確認していない、生数字なので、
実はわかりにくい。

「平均」というのは、「実態」とどの位、違うのか、
わかりにくい。

しかし、「数字」でつかむしかないし。
で、教育委員会が分析では、利用人数は減少してはいないが、
サークル、団体の厚生人数が減っている、とのこと。
ということは、
各部屋を借りて活動するとき、一人当たりの利用料が高くなるということ。

お金に困っていない人が公民館利用しているのだから、少々
利用料負担してもらってもいいんじゃないの、
生活にいっぱい、いっぱいの人は、公民館活動はできないんだから・・

という意見の方がいましたが、
これは、実態とは違うだろうと思います。

利用するのに、「お金」を払う、「貸館」ということになることは、
根本が変わってくるということです。

学習権の問題だからです。

 最も利用者が多いのは 大野南 323.5人  1日平均ですが、
  すごい数です。

 こうした資料を見て、気になるのは、どの団体、どんな方が有料の対象と考えているのか、ということです。

 市教育委員会は、公民館主催事業は、無料で自治会、ボランティア団体は減免に、と述べています。

「公民館主催事業」は 11,171団体 379,688人が参加している。
 これらは無料?

公民館は拠点公民館に団体登録して利用していくことになりますが、
そもそもどんな団体か、と区分していて、
 学習研究団体、文化団体、体育レク団体、青少年関係団体、社会教育見解団体、一般成人団体、政治経済団体、官公庁となっています。

これらの団体の活動内容で、「公益性があるか、ないか」、「地域還元されているかどうか」を市教育委員会が同一基準で、判定し、無料、減免、有料、を「線引き」されることに?

公民館の利用の「自由の原則」がないがしろになってしまいます。

全国的には、公民館とか、社会教育ということがすでになくなったり、
有料化していたりしています。

しかし、相模原市は原理原則的な活動をとりあえず、
守っている、とされています。
だから、たから。
たから、だから、守りたい、


 

2017/01/12

建設関連団体協議会賀詞交換会に出席

建設関連団体協議会賀詞交換会に出席しました。

盆栽、いいね.(日本のたからですよね)
 
このところ、会長のご挨拶で「建設職人の人手不足」のお話がでます。
技術者不足、後継者不足、これは深刻なことです。
社会整備・インフラ整備ー建設職人の確かな技術は「安全、安心」の基本ですから。

・・でも、いつも思うのですが、
現状は、ある日突然、現出したことではないはず。
時間の経過とともに、現状にいたったこと、自然現象ではないのですから。
 何故、現状に至っているのか、誰が、どこが進めてきたのか、
何故適切な対応がとられてこなかったのか!

国会議員も多数出席していましたが、
「政治の責任」は問わないのでしょうか

介護、医療、障がい者福祉分野、保育士、そして、建設職人・・・etc、etc

食べていける賃金、結婚し、子育てしていける賃金と時間的余裕
奪ったのは誰?

安心して生きていく、という人間社会の根底が壊される!

政府与党は、「責任」、誰も取らずに、「大変だ,大変だ」って、
有効な抜本的な施策をうちださない政府与党。

ふーっ

隙間の時間で
「下流老人は過労で死ぬ」 藤田孝典
「フランスはどう少子化を克服したか」 高崎順子
「経済的徴兵制」 布施祐仁
などを読みすすめています。 

2017/01/11

すごくな~い? 上溝の赤松の竜

連日、知人へのご挨拶活動をしています。
1年ぶりの再会、元気だった方が具合が悪くなったり、
病気の方が回復、お元気になっていたり、
入院されていたり、
お若くなっていたり、逆だったり、
「いろいろ」

ところが、自然はあまり変わらない。
「上溝の赤松の竜」(私が勝手に命名)、
4階近くまでの高さ(10メートル以上はあるのでは)の
くねくねの松の木


下から見上げると、迫力満点!
去年もその前も、圧倒される思いで、パチリ。
自然は「肖像権」の、問題もないので、遠慮なくパチリ。
(誰かのお庭の場合は、断ってパチリですが。)

こつこつ、訪問していると、身近な生活要求が次々と寄せられます。
カーブミラー、U字溝の土砂体積、福祉、建築関係・・・・・

直接市民の声、を伺う活動が重要であること、
市民生活の実態、要望を正確に把握していくことの大切さを
感じます。

今日は長い1日でした。
早朝宣伝、読書、訪問活動、会議、訪問活動、会議、、、、

ま、今年もぼち、ぼち、
「てーげ、てーげ」に (方言で、適当・適切に、って感じでしょうか)

2017/01/10

リニア、JR東海の「中心線の鋲」


  宮下本町3丁目の道路、これが「JR」と名入りの中心線のびょう。
  小さな円形のびょうは、よほど気をつけないとわからない。

  この地下をリニアが通過するため、今後具体的な工事にあたって、地権者との「財産権」ともかかわってきます。

 周辺を見渡すと、新築の未入居の集合住宅、一戸建てなど、が建っています。

昨年の12月会議で、日本共産党市議団の田所議員がこの宮下本町に新築の住宅を購入した方の事例を紹介。
 リニアが地下を通るということを知らされずに、購入してしまった、知っていれば、購入しなかった、不動産屋がきちんと消費者に説明ができるよう、JR東海も誠実に詳細な情報を知らせるべき、市もJR東海にもとめるべき、と質問、要望したのですが、明確な毅然とした態度が感じられませんでした。

 今後立ち退き、移転を迫られることになれば、市民の不利益になることがないよう、市は市民の立場にたって、JR東海に言うべきことは、言ってくれるのでしょうか

 リニアは地下だから「安全」?
 リニアは本当に速い?
 リニアでの地域経済波及効果は?
 リニア工事に向けて着々とすすもうとしていますが。


2017/01/09

成人の日の思い出 変わった子だった?私


今日は成人の日。
成人式が行われ、晴れ着の成人の皆さんが
式典参加のため会場に揃う。

成人の日の晴れやかな皆さんにおめでとう、という思いとともに、
保護者の皆さんへは一層、心から、「おめでとうございます」という
思いがします。

妊娠、出産、保育園や幼稚園、小学校、中学校、高校、大学や専門学校、就職、人生のハードルをくぐりぬけ、20歳に。

その間、病気やケガ、心身の様々なこともくぐりぬけ、
成人式を迎える。

このことは、「普通」のことのようで、
「なみなみならない幸せなこと」、だとつくづく思うのです。


成人の日がくると思い出すのが、わが「成人の日」のこと。
母が、「晴れ着」をプレゼントしてくれました。
実は、私は、「晴れ着はいらない、スーツでいい。高い晴れ着を買うお金
があったら、そのお金はもっと有効に使うから、その分をプレゼントしてくれない?」と言ったら、
母は「子どもの晴れ姿は、育てあげた自分、(=親)の喜びとしてのもの、
 だから、晴れ着を着て」、というのです。

そうか、納得。
では、「晴れ着」振袖を着ましょう、
と、和服を自分でも、「いいね」と気にいって着ました。

で、
行った先は「式典」ではなく、「鎌倉」でした。

あの「式典」で、わーっつと集まって、というのが、何故か、気持ちにすんなりこない。見たこともない来賓からの言葉もきっとすんなりこない。

晴れ着姿の集団の一人になって、じっと「お話し」聞いたりすること、
苦手だな、という感じがしていたのです。

それで、「鎌倉」へ。
母に言ったら、あまり気にしてなかったよう。
その時の写真は、今は手元にありませんが、
母の思いや自分自身のあの頃や、鎌倉の様子、「成人の日」になると
なんとなく思い出されます。

私って、変?

心から、保護者の方々と、ご本人にお祝いの言葉をかけたいと思います。
おめでとうございます。

「自由と独立ほど尊いものはない」

大好きな言葉を贈ります.
自分の人生の主役は自分。
どんな時でも、「自分への愛」を。

2017/01/07

あっ! おじさんだ!

今日は、賀詞交歓会と、会議、会議で1日ドラマなしの1日かな・・・・と
思っていたら、なんと国道16号交差点信号で止まっているとき、
ふと歩道をみると、
「あっ!ごみおじさんだ!」

ドラマです! 何か月ぶりかの再会!

自作のごみ収集車で、ごみ集めをしています。
嬉しくなって、つい、
「おじさん!」と呼びかけてしまいました。

何故か、いつぞや、
わが共産党市議団控室に、「ごみ収集車」を引っ張ってきて、
「解説」。

これを引っ張って、控室に「解説」に
 
 
「すべておじさんの手作り」、全てに意味がある!
この方、有名な大企業を定年退職後、
自分で製造した、「ごみ収集車」で相模原、清新近辺を連日
ごみ収集をしているそうです。(本人弁)

それはそれで、敬服のかぎりでしたが、
お話し後、は再会することもなく、きましたので、
再びの「ごみ収集車」に会えたとき、っていうか、「おじさん」に会えた時
思わず、声をかけてしまったのです。

おじさん、社会貢献、ありがとうございます。
だれにでもできることではありませんよ。

ちゃんと、ずっと、続けていたんですね.

ん、「いいね」
自分なりに、できる社会貢献、ボランティア、
私も! いつか!って気になります。

おじさん、ありがとう!

世の中、すてたもんじゃないですよね。

2017/01/05

嬉しいこと、つぎつぎ

3日から、ずっと、訪問活動を続けています。
今日は、午前中、市の賀詞交換会があり、中断しましたが、
1年ぶりにお会いする読者や支援者の方もあり、
いろいろな変化に驚きや感動も。

昨日はぜひ、お会いしたいと訪問したお宅が「留守」。
残念と、次に向かうための車に乗って、ふと、みると、
その方が帰ってきた!

1年ぶり、公害病でずっと苦しんでおられた方ですが、考え方が
とても前向きで、お話しを聞くとこちらが元気づけられる方です。
これまでの人生で、日本共産党、共産党議員団への絶大の信頼をお寄せ下さっている方です。

 こうした方の期待に応えられるように、と身が引き締まる思いとともに、
人生に対する「絶望しない」生き方、自分の置かれた環境で、しっかりと、
自分で考え、行動し、自立する力、自分が同じような環境だとしたら、こんなにきちんと生き抜けるかしらと、思うと、本当に尊敬に値する方です。

再会がドラマチック、
嬉しい、嬉しいと涙を出しての再会となりました。

昨日のこのドラマのあと、今日も夕方訪ねた方がこれまた、ドラマ。
マンションの3階、よいしょ、よいしょと階段を上って、(ずっと動いていると、もうこの辺で、ばて気味)、ピンポン、そして、「留守」!

残念、と降りていくと、なんと、帰宅のご夫婦にばったり!

この方は年末に入党する決意を述べてくれていた方なので、
改めてお聞きすると、
「入党します」と。

とても誠実な、静かな方で、今の時代、社会の在り方に対し、
「おかしさ」を感じていて、世の中を変えるために、自分がなにか役にたてるなら、と決意をされたのです。
私の方から、強く、説得したわけでもないのですが、
自分の考えで決意したのです。

究極のボランティア活動である、日本共産党員の活動へ
こうした、ドラマに「遭遇」するので、出会いは「素敵」!

まだまだ、つづきます。

去年のさくらまつりで、「ダチョウの卵」に遭遇
これでは、大きさがちょっとわからないけど、
大きい!ちなみに、ダチョウの肉の焼肉もいただきました。
さくらまつりは、発見盛りだくさんだから、楽しみ!
年々、参加者も増え、市の一大イベントに



2017/01/04

今日から、仕事はじめ、駅頭から挨拶

今日から、駅頭宣伝を始めました。
毎週水曜日定例で行ってきて、今年初めての駅頭宣伝です。
他党が先に初めていましたが、場所を変えて行いました。

いつも会釈してくださる方からご挨拶、嬉しいものです。
気合の「真っ赤なハーフコート」で仕事はじめ!

昨日から、赤旗読者へのご挨拶回りを始めています。
直接お顔あわせ、ご機嫌を伺うことができること、
政治をかえましょう、が伝わります。

1日、1日、1年1年が「未来」につながる、

今日も午前午後と、訪問活動です。

元気をもらい、元気を伝えます。

 
 
 
 
駅頭もしらない間に変わっている!
 


2017/01/01

新たな気持ちで、感謝をいつも

2017年が幕開けました。  
たくさんの方に励ましをいただきながら、力をいただきながらの1年でした。新年を元気で迎えられたこと、感謝です。(年をとると、ひとつ、ひとつが感謝の気持ちになるもんですね。)

我が家の前から大きな大きな初日の出
今年もどうぞ、よろしくお願いします。
国道16号線 2017年の初日の出

 

 昨年は、自然災害が相次ぎ、市内では、心傷む事件も相次いだ1年でした。あまりの出来事に、このブログも筆が止まってしまいました。

 「言葉」を発することへのとまどい、意味を見いだせない、など
「外」への気持ちが萎えてしまったかのようで、心の整理がつかない、
 自分なりに「静かに、沈む」ことのなかから、生まれてくるものを
待ちたい、と思ったからです。

 でも、「時」は、止まっていません。
次々と、様々なことがおこります。
自分にできることを、自分を見失わずに、自分らしく、
「言葉」にしていくことが求められていると「感じて」います。
また、止まっても、また、動き始めればいい、
少し、自由になれた気がします。

「時代」の中で生きる自分を痛感させられました。


 さて、悲しい出来事もたくさんありましたが、多くの感動的な出会い、出来事もたくさんあった1年でもありました。
年をとると、大事にしたもの、大事にしたい人、などが自分のものさしで
図ることができるようになる気がします。
きっと残された時間との関係なのかもしれません。

 大晦日には午前11時から大型宣伝カーで、市内ご挨拶まわりを
行い、選挙時のような大きな励ましをいただき、感激し、
よし、いよいよ来年こそ、総選挙がんばるぞ、の思いでした。
 
 
 今日は早朝、赤旗配達で、初日の出に感謝を。
午後から元旦宣伝行動、小さな宣伝カーで市内をかけめぐります。

 皆様の健康、ご多幸をお祈りするとともに、
新しい政治実現にともに力を合わせてまいりましょう、と呼びかけさせて
いただきます。

夕方から母のもとへ年始へ。
明日は家族そろってのお正月。