2015/05/26

「責任を!」、1万人の原発事故集団訴訟

本日のA新聞の記事から。
東京電力福島第一原発事故の集団訴訟原告が1万人!
事故前の放射線量に戻すことや慰謝料を求めての訴訟
全国20地裁、支部で25件。

これまで、政府の審査会の賠償指針による、賠償金 は月1人10万円!
生活や生業、人の繋がり、絆の地盤や
ふるさとを失ったことへの慰謝料を求める「集団訴訟」!
一人ではなく、「集団」のちからは大きい。

相模原市の横山団地に避難してきたKさん家族。
しばらく、滞在していましたが、また福島に戻っていきました。
短期間の滞在でしたが、その間、夫さんが、「鬱」になりかけたことも!
一人一人の人生をくるわした、福島原発事故。
その責任を問うべき!

東電、国の責任をきちっととらせる!
それが、次ぎの被害を生まないことに繋がる。

公害や爆音訴訟、
リニア中央新幹線もこのまま突き進めば、「責任問題」がでてくるのでは!