2015/01/27

いいね、「住めば住むほど」町田市コンテストグランプリ

車運転中にラジオから、町田市の話題が。
町田自慢の
「いいことふくらむ」の
ロゴマークの上に掲げるキャッチフレーズのコンテストをしたそうな。
147点の作品の応募があったそうな。
で、
5点に絞られ、市民協働フェスティバルまちカフェの来場者約450名に投票してもらったそうな。
で、グランプリが
「住めば住むほど」 
で、
ー「いいことふくらむ」町田市と繋がるわけです。

で、この「住めば住むほど」
のフレーズ、
いいですね。

町田自慢、「住めば」の視点がいいですね。

我が町自慢を他市と比較したり、競争したり の感じがなく、
人の繋がり、地域のネットワークや行政サービス等、の満足度、で表している感じがあるじゃないですか。

奇抜な箱物や、「他市にはないもの」なんて、発想ではない感じがいい。
「住んでいる人にとって」、「いいな」と思えるまちづくり、こそ、との思いが伝わります。

いつもふとしたときに口ずさむ歌があります。
昔、昔歌っていた歌で、「みんなの歌」だったか、

「北に住む人は幸せ、・・・」
「西に住む人は幸せ・・・・」
「東に住む人は幸せ・・・・」
「南に住む人は幸せ・・・・」

それぞれに、それぞれの幸せがあること・・・・
比較できるものではなく、住めば都はその中からどんな宝を見いだし、大事にしていけるかだろうな、って思ったものです。

今日は1日かかりましたが、病院にいきました。
このところ、頭痛がして、その原因への不安感がストレスですので、頭部CTを撮りました。
結果、問題なし、どこにも異常はありません。

まずは一安心。

ほとんど病院にはかからない丈夫なたちですが、病院って、1日仕事ですね
市外の病院だったので、交通時間含めて、1日がかり。
病院、病人・・・本当の病人になりそうな世界でした。

今、多くの日本人の心のなかで、人質になっている後藤氏の安否への思い、
早く解放して欲しいの思い、
じっと、じっと、祈りが広がっていると思います。
世界の動きもでてきました。
私にできること、なにがあるだろうか。
祈ること、
じっと、注視すること、