2014/11/30

奄美ン人、いいね!

今日のしんぶん赤旗、1面下段の記事に故郷、奄美大島の記事が。

奄美大島は本島と、徳之島、沖永良部島、与論島などで構成されますが、
その徳之島は徳之島町、天城町、伊仙町 で構成されています。

その徳之島町の南原海岸で、

6000トン級の土砂運搬船が停泊できる「仮設桟橋」の建設
が計画されていて、そのことに対し、漁業権を持つ、とくのしま漁協理事会が「環境破壊に
つながり、原状復帰は不可能」として建設に同意しないことを全会一致で決定した、と。

町は当初、容認していましたが、「漁協の決定を尊重する」としていると、
鹿児島県も「漁協の同意がない以上、桟橋建設のために海岸の占有許可は出せない」
としていると。
ふむふむ。

辺野古新基地問題では、地元名護市が反対しているのに、沖縄県が容認し、
強行!なんて、おかしい話しだったのです。
選挙で沖縄ン人は明確に意志表示しました、ノーと。
(大好きな歌、「島ン人の宝」が頭をよぎる)

防衛省沖縄防衛局が昨年提出した辺野古の埋め立て申請書によれば、
沖縄県内に加え、西日本の7地区「瀬戸内、門司、五島、天草、佐多岬、奄美大島、
徳之島)からも土砂を調達計画だと。

徳之島3町で、2015年から20年度まで、辺野古の新基地建設で土砂を供給する計画。

これらの土砂を運搬するために総工費10億円で仮設桟橋を建設。新たに山を切り崩して
土砂を増産!

辺野古新基地と奄美大島が関係していたなんて!実は知らなかった!

とくのしま漁協の組合長は、
「現代を生きる者の責任として、子や孫に残すべき
徳之島の美しい自然を売ってしまうことはできない
県民あげて奄美諸島を世界遺産に登録しようとしている中で、それに
逆行する環境破壊は許されない」と指摘している。。と!

んんん。
組合長、奄美ン人
いいね、頑張れ!

リニア建設に自然を売っていいのか!




冬に向かう公園、黄金色に銀杏の葉の絨毯は見事。写真はイマイチ、残念!
時間に追われ、「時が過ぎていく」

秋はセンチメンタル、だけど、味わう暇がない!

今日も宣伝カー、今日はドラマ、なし。