2014/11/30

奄美ン人、いいね!

今日のしんぶん赤旗、1面下段の記事に故郷、奄美大島の記事が。

奄美大島は本島と、徳之島、沖永良部島、与論島などで構成されますが、
その徳之島は徳之島町、天城町、伊仙町 で構成されています。

その徳之島町の南原海岸で、

2014/11/29

14区公開討論会へ

午後7時から、あじさい会館で行われた相模原青年会議所主催の
衆議院神奈川14区 公開討論会ーそうだ!選挙に行こうーに行ってきました。


300名のホールのうち、100名位でしょうか、大変少ないのに、驚きました。
短期間での開催で周知が不足していたことや、今回の選挙、国民の
投票率が下がると予想されているように、関心が低いのかもしれません。
さて、内容は、

2014/11/28

嬉しいお便り②

続いての電話は、今日の夕方の駅頭宣伝の様子。
弾んだ声で報告がありました。

今日は、全県一斉駅頭宣伝。
ここでは夕方JR相模原駅頭で。(私は本会議で参加できず)

中野渡旬14区予定候補が宣伝。
そしたらね、
「握手攻め」だったんですって!
それにね、

嬉しい便り①

本会議が終わり、議会便りの広報部会が終わり、帰宅して
夕食を作り、食べ、ほっとしていたら、嬉しい電話が2本かかってきました。

一つは、
以前生活相談にのった、青年。
「3年の執行猶予期間を今日無事、終えることができました。」と。
報告の電話です。

12月会議 代表質問

本日 12月会議代表質問を行いました。
1問目 全文です。(3問で、時間は30分)
市長答弁と2問目以降は 後日の録画放映と議事録でご覧下さい。

日本共産党市議団を代表して、代表質問を行います。

 始めに、議案第103号 相模原市職員定数条例の一部を改正する条例についてです。
 来年度の職員定数について、現場からの定数要求は110名のところ、査定の結果、51名の増員と41名の減員で、全体の増減では、10名の定数増とする提案です。
 政令市移行による権限移譲、地方分権改革による事務移譲、高齢化社会への対応など行政事務が増加している中、現場からの増員要求は切実なものと思います。全体状況をみながら、適切な増減措置が求められます。

2014/11/27

う、う、う。お腹が

久々に感冒性胃腸炎(「自分で勝手につけた)
夕方から、突然のお腹の
痛みが!

うーん、久々の「体調不良」
代表質問の原稿、着々とすすめなければならないのに・・・

久々の「危機」。
とりあえず、風薬と正露丸
まず、寝る。
自然治癒力を信じて。

8時頃寝入って、12頃起き、さて、原稿書きしようとおもったのですが、
ううう、まだ、吐き気が・・・

まだ、駄目、
また「寝る」

今朝5時に目が覚める!
よし、OK!

完了!
「体調が悪い」って、大変!
やるべきことがあっても、出来ない!

じっと、じっと、我慢の子で・・・

OK!

しばらく食事を控えよう。
(続けば・・・・!)

            自然は、美しい!かつ美味しそう!

2014/11/25

未来社会ー人間の自由、解放

本日25日のしんぶん赤旗5面 志位委員長の党創立91周年記念講演の再録が載っています。

2004年 日本共産党第23回党大会  不破議長 結語で、「未来社会」について

「綱領が照らし出す人類社会の未来像とは、人間の自由、人間の解放であります」

2014/11/24

地震とリニア

22日午後、長野北部で震度6弱の地震が起き、大きな被害がでました。
被災者の皆さんのは、こころからお見舞いを申し上げたいと思います。
建物崩壊や、地割れ、液状化など、自然の脅威をまたも、まざまざと思い知らされます。
各新幹線は運転見合わせ。
その後の余震も続いているようです。

2014/11/23

初めての経験

今日は午前、午後とも宣伝カーに乗って、各地で街頭宣伝を行ってきました。
中央、横山、田名に行ったのですが、各地で激励をいただき、手応えを感じました。
「いいね」です!

田名で車を止め、街頭演説を行っていたときです。
初めての経験をしました。

2014/11/22

代表質問通告要旨

20日に代表質問通告をしました。
代表質問は28日、3時以降だと思います。(大会派から順に行う、日本共産党は5番目)
28日1日間で終了しない場合は12月1日は本会議予備日に行います。

今回は衆議院選挙もありますので、多少遅くなっても、1日で終わるかもしれません
本会議は同日インターネット放映がり、議会HPで録画放映もされます。

通告内容は、

「共産党、今度はもっと伸びてよ」、街頭での対話

今日は、午前午後、と街頭でのハンドマイク宣伝。
解散総選挙について、今度の選挙は安倍政権が
経済政策のみならず、戦争できる国づくり、原発再稼働、社会保障改悪、
米軍基地などどの問題でも、国民の声、願いに反し、世論を無視し、暴走
する政治への怒りと批判の高まりの前での追い詰められての、党利党略の選挙
審判を下し、真に国民の声が通る政治、社会を実現する絶好の機会と訴えます。

この解散のために本市の選挙費用だけでも、1億9900万円、
高齢者は今後マクロ経済スライドなる考え方で30年間、年金が下がり続ける
ことなど、国民の生活の厳しさの実態、寄せられている声など紹介しながら
話しを展開します。

2014/11/21

衆議院解散選挙、本市経費は1億9900万円なり

衆議院解散総選挙費用に関わる補正予算の本会議が急遽開かれました。
3時に議会運営委員会、4時半から本会議、提案説明、質疑(なし)、採決、総員賛成。

内訳は、1億9900万円 全額、国費(県経由、県支出金) すごい税金支出ですね。
歳出内訳は、選挙経費 1億3000万円 職員給与費 6900万円

2014/11/20

相模原市の人口と世帯

情報政策課  統計班より提供がありました。
11月の相模原市の人口と世帯数です。

総数 316,513世帯 (前月比 193世帯増)
  
    723,121人  (前月比 190人増) 

各区ごとでは、

 緑区  73,436世帯 (前月比 33世帯増)
      175,873人  (前月比 35人増)

 中央区 117,556世帯 (前月比 104世帯増)
      
       269,926人  (前月比 114人増)

 南区  125,521世帯 (前月比 56世帯増)
      277,322人  ((前月比 41人増)

南区大野中地区で117人増だったのですが、相模台、相武台、東林地区が減少で、41人増にとどまりました。

 中央区は中央地区がマイナスで後の地区は増加です。

 緑区は津久井地区と藤野地区がともにマイナス12人でした。
 

相模原市、市政60周年記念式典

本日けやき体育館にて、相模原市市政60周年記念式典が行われました。
市表彰者や市功労者、議員、当局のの皆さん、OBの皆さんなど、賑やかに
式典と会食がありました。

人口8万の相模原が、

2014/11/19

議員定数3名削減、本会議で可決。共産党は反対

本日から12月定例会議がスタートしました。
初日は条例、補正予算案等の提案説明です。
加えて、議員報酬、議員定数の条例改正案が出てきました。
定数条例改正案は議堤議案です。

提案者の提案説明の後、質疑。
日本共産党市議団は藤井克彦議員が質疑、意見を述べて、反対
討論も行いました。

賛成討論を行ったのは、民主クラブ、公明党、
採決では、日本共産党3名は反対、他はすべて賛成でした。

2014/11/18

選挙、キーワードは「誇り」

18日、神奈川新聞22面の記事で、沖縄、選挙戦のキーワードは「誇り」
選対事務総長の言葉、
50回くらい選挙してきたが、これほどアイデンティティーに訴えた選挙はなかった」

なんと、仲井真さんも「うちなーんちゅの誇りを胸に」と演説したそうな。(あなたが言う!)
記事では、
誇り」のキーワードが選挙戦をのみ込んでいった
翁長さんは県民一人一人の心の奥底に支持を訴えた

言葉が心を揺り動かす、言葉が届く、こころが届く

「誇りとアイデンティティー」

2014/11/17

「解散」で、議会対応、おおわらわ

議会事務局から、「解散」になった場合の議会日程予定についての
連絡がありました。
解散が午後3時までなら、21日金曜日、5時以降なら、
翌日は土曜日だけれども、9時半から議会開会となります、と。

審議内容は選挙費用の補正予算案についてです。

議会日程が、解散で、よりタイトになり、準備等いろいろ大変になります。

2014/11/16

おめでとう!沖縄県民の皆さん、翁長さん!

沖縄県知事選、ネットニュースでも早くも翁長氏当確が出ました。
こんなに早くに、当確が!いいね。すてたもんじゃないね!


大激戦の中での、今回の勝利は、大きな大きな歴史的意義をもつものです。
保守革新の垣根を越えて、一致団結して選挙戦をたたかい抜き
仲井真陣営の時代おくれの「反共宣伝」に打ち勝って、沖縄県民の「誇り」を示しました。

すごい、すごい、「いいね」100回!

仲井真さん、「裏切り」はだめよ、「うそ」はだめ、だめ!

2014/11/15

「私にできることはこれぐらいだから」と、カンパを

風はすでに解散風なので、午後からは急遽予定を変えて宣伝カーに

日本共産党はこの選挙、安倍暴走政治への国民の審判を下す選挙として、
全力を尽くす、勢いよく頑張ります、と、明るく、力強く(と、意識して)

大型宣伝カーで、6ヶ所で訴えました。
手を振ってくれる人、にこっと微笑んで下さる人、
頑張ってと言って下さる人、
日本共産党への期待を感じます。

県営住宅の横で、訴えていますと、一人の女性が
近づいてすぐ側で聞いて下さったのですが・・

2014/11/14

議員定数削減の改定条例提案が出される

昨日、議会運営委員会に
議員定数削減の改定条例案が提出されました。

12月会議は11月19日から12月22日まで。
定数削減条例案は、初日 19日に提案、即日採決に付されます。 
提案者は新政クラブ、
公明党、民主・新無所属クラブ・颯爽の会・無所属2名です。

内容は、各区1名、合計3名減数、49名を46名にするというものです。
提案理由は「効率的な議会運営を推進するため」となっています。

2014/11/12

解散総選挙 12月14日投開票へ

昼のニュースで、「解散総選挙の確立が高い」とか、キャスターが
言っていたと思っていたら、夜のニュースでは、どうも、決定のようです。
こんな急な選挙、政党にとっても、選挙管理委員会等の選挙準備にとっても
忙しいすぎる。
党利党略的な解散ですが、
この急さは、何故?

駅頭も賑やかに

定例相模原駅頭宣伝、基本的に毎週水曜日。
雨の日も風の日も
(雨の日は休み、議会や視察など公務の日は休み、そういえば、体調の悪い日はほとんどなかった!)
今日はK党、K議員が先に来ていたので、いつもの場所でなく、離れた場所で。
解散総選挙がマスコミ報道されていますので、駅頭もこれからどんどん賑やかになるでしょう
相模原駅頭で、元気よく!

2014/11/11

解散? 解散!

ニュースで、「解散か?」の声が飛び交っている!
APECの安倍首相は「考えていない」などの発言をしているが。

2014/11/10

繋がるいのち

午前中はコツコツ。
午後から「お墓参り」へ。
足の悪くなった母を乗せて。
青葉区なので、遠いですが、時間を止め、父と母の「娘」に戻る、。

2014/11/09

「松永レポート読んでいますよ。あれは、いいですね」

毎月、何をお知らせしようか、どう、お知らせしようか、レイアウトは、色は、・・・
1P~4Pまでに
いろいろ、工夫しながら、お届けしている「松永レポート」、国政問題、市政問題、活動報告
等、A4 二つ折りでA5サイズ。

この市議個人ビラは「政務活動費」から印刷費等が出ますが、
何でも、すべて該当となるのではなく、
政務活動費に該当するか否かの基準があります。


「市民アンケート」の声

切手貼らずに投函出来る封筒と一緒に、全市的に「市民アンケート」をお届けしています。
まだ、配りはじめて 間がないでいですが、事務所に次々と返信されてきています。

各予定候補者ごとの地域が分かるものは、それぞれにわたされ始め、目を通すことができるように
なりました。
次ぎに内容は、結構様々。
現時点では、

松永レポート 11月号 アップしました

松永レポート11月号 No.119 をアップしました。
このブログの「松永レポート」のページでご覧下さい。

2014/11/07

宮本百合子、「この人生への愛」

本や、新聞など、「いいね」と感じた文章を綴って、時々読んでいます。
珠玉の言葉は心に染みます。

若い時に感動した文章です。
久々に、「宮本百合子」です。

「この人生への愛」(「若き知性に」)

ひとと、自分との運命を大切に思って、そこから美しい花を咲かせようと
つとめる心、そのためには自然欠くことのできない落ち着いた理性の判断と
柔軟溌剌な独創性、沈着な行動性、それらのものが知性と言われるもののなかに
みんな溶け込んで、事に臨み、場合に応じ、本人にとっては、何か
直感的な判断の感じ、あるいは、どう考えても
そうするのが、一番よいと思えるような感情的な感じ方で
生活に作用してゆく、知性というものは抽象の
何ものでもなく、生き生きとしてしなやかなダイナミックな生活力そのもの
につけられた名である


今日は、午後からは、「休み」
衣替えしたり、銀行、庭いじり、部屋の中程度の掃除(すっきりした!今度は本や書類の整理をしよう!12月会議前に!)
本当は映画行きたかったんだけど・・・・・

2014/11/05

相模原市の人口と世帯 10月

情報政策課 統計班、提供、月例資料です。

2014年10月 世帯数 316,320   人口 722,931人
  (前月比 249世帯増、 194人増・・・ 単身世帯が増加しているということ)

前月比 マイナスでなかったことはほっとします。

区ごとでは、

緑区   前月比 -79人 
中央区  前月比  230人
南区   前月比   43人 

より詳細にみていきますと、

緑区では橋本区と城山区が増加、他は減少。 全体では-79人
中央区では、中央地区と上溝地区が減少、他は増加 全体では、230人増加
南区は新磯区と相武台区、東林区は減少、他は増加 全体では、43人増加

前月初めて減少に転じたこと、心配していましたが安堵しました。

続いている、国民の原発ノーの行動-4日赤旗より

「しんぶん赤旗を人にお勧めるするとき、「真実と希望を運ぶ新聞」と言ってすすめるのですが、

10月4日の一面トップ、記事は「ワー、スゴッ!」の内容です。

以下記事から



「原発ゼロ」「再稼働反対」の定例行動は全国で230箇所に・

このうち、100回を超えるところが約3分の1の76箇所



赤旗が全国のネットワークを通じて、毎月1回以上定例で取り組まれている抗議行動やデモ、宣伝活動を調査した

結果とのこと。

沖縄を除く、46道府県で行動が続いている。

毎週あるいは月2回など、「金曜日行動」として定着しているのは、全体の約6割にあたる135箇所

そして、5面には、全面に各地の具体的な場所、時間。(すごい、全部載せる!)



ご挨拶活動のなかで、こうした活動を知らない、知らされないで、

あんな事故がおきたのに、また再稼働しようとしているのに、静かな国民性で、なにも声がない、日本人はだめだ、と、原発問題で、意気消沈しているかたがいます。

おっと、どっこい、

日本人、捨てたもんじゃないですよ、全国各地の粘り強い、多彩ま、若者もたくさん参加している、

こういう運動はずーっと、ずーっと続いているんですよ、

というと、びっくり顔、本当? って顔、

知らないこと、知らされないこと、

失望、絶望に通じる、

「希望」は「知る」ことから始まる



マスコミの罪は大きい

従軍慰安婦問題、消費税、カジノ、火山・監視観測体制、など、「真実」を知ること、

今、そして今後、「情報」をどう手にいれるか、

「秘密保護法」などを施行させない、国民の運動が広げて行かなければ・・・。



今日から明日、台風、

大雨に?

明日、リニア中央新幹線に関するまちづくり、の関連で、本市に視察に来られる2市の議員団と懇談の予定ですが、

交通機関大丈夫かな?

橋本でのJR東海、リニア「事業説明会」、「安心」にはほど遠い、これから改善へ?

;午後6時半からのJR東海による、「リニア、事業説明会」に出席しました。
会場に着くと、主催者が2階席へどうぞ、と誘導。
ん、1階席は満席だからかな?、と言われるままに2階席へ、
ん、見ると、1階席空いている席、結構あるじゃありませんか
ん、質問するかもしれない、2階席では指してもらえないかもしれないし、
と、1階席へ移動。

何故、満席状態でもないのに、2階席に誘導する?とこの時点で、すでに不信感。
これまでの説明会と同じように、写真とるな、録音するな、マスコミは初めだけ撮影OKと。     JR東海側は写真とりますよ、録音しますよ、と。
ここでも、不信感。

そして、質問は1回、3問目まで。再質問は認めない、この姿勢、以前と同じ。
ここでも、不信感、
背広族が「不自然」に多い。
説明会が終わると、「拍手」が。
ん、これは動員してるな、の感じありあり。

さて、内容へ。

2014/11/04

深刻な不景気、、事業が続けられない!

こつこつ、訪問、対話を重ねています。

素敵な、いきいき高齢者。好きなことを出来る喜びを語る。

老後の形は、様々。「好きなこと、趣味」があることは人を「輝かせる」。



大変な状況の方も。

具体的な相談ごとや、商売、事業の実態などのお話しもでます。

安全な食材、国産にこだわって、作ってきたけれど、売り上げが伸びない

消費税、材料費、電気ガス、水道等の値上げが直撃

所費税増税分、値の安い商品だから、転できない

毎月赤字が累積。

事業をたたみたいけれど、従業員を解雇できない、

次ぎの就職口が見つかるまでは、解雇することはできない。、と。

赤字でも

なんとか、蓄えを削りながら、やっている。

社長の自分と奥さんの給与はほとんどなし、

いつまで、もつか、

住宅も手放し、県営住宅へ、、、、

ぎりぎりのところで、踏ん張っている零細事業者、

これで、所費税10%になったら、

これで、「外形標準課税」で、赤字の事業者にも税金がかかる、なんてなったら、

一層の営業破壊に・・

アベノミクスの罪は大きい、

安倍政権が存続すれば、するほど、国民の犠牲は大きい、

実感です。



あまりに重い内容でしたが、

どっこい、負けるもんかの気合いを感じます。

信念で事業をやってきた方の迫力です。

また、来て下さい、と。

また、来ますね、と。

生活、営業の実態,現実の重みをひしひしと感じます。

自分の責任の重さもずしりと。



選挙リーフに「一人一人のいのち輝いてこそ」と私の思いを凝縮しましたが、

一人一人の個性と能力が花開く社会、国、世界へ

それには、平和と平等が。

高橋哲哉氏と斎藤貴男氏の「平和と平等をあきらめない」、うんうん、と共感しながら、読み進めています。

ちょうど半分くらい。

2014/11/03

まつり、楽しむのも、楽しんでいる人を見るのも、「いいね」

今日は、祭りの「お手伝い」、裏方さん。
場所は「子ども広場」、久々の子ども広場です。

子ども達が大きくなってからはほとんど立ち寄っていない場所。
朝8時集合ですから、ちっと大変。

ひとしきりの手順等の説明を聞き、私の配置は、さいころ遊びの景品所。
オチビさん達が続々。
たくさんの景品のなかから、自由に選択できる。
真剣に「選ぶ」。

そ、子どもの時って、結構、「真剣」だよね。
若いパパ、ママ、じじ、ばば、
ほほえましいひととき、

ん、そうだった、子ども達ってオチビの時、こんな感じのときあったよな、、とか。
また、オチビさん達の個性も様々。
すぐに選択出来る子と、うろうろ、迷う子、

いっぱい遊んでいってね!

子ども広場、いろんな催し、オチビさんたちへの「愛」を感じます。

こども広場の一コマです。
 
 
 

畑野君枝元参議院議員、衆議院比例代表候補に

昨日の赤旗まつり、2日目には畑野君枝元参議院議員が来たる衆議院比例代表予定候補、第一次発表として、中央舞台で正式に紹介されました。

参議院議員初当選、初委員会の時、国会まで、傍聴に行きました。
堂々と委員会で、質疑、要求しておられる姿に、感動。私達の代表を送る、
要求実現の先頭に立つ、ってこんなことなんだな、とあらためて
感じたことを思い出します。

今度こそ、今度こそ、国会へ送りたい候補です。
 
本日、神奈川の広場で。
小池晃副委員長、志位委員長、畑野衆議院比例代表予定候補、田村智子参議院議員
揃って、挨拶の後、県内政令市予定候補の紹介、挨拶がありました。
 

2014/11/02

4年ぶりの赤旗まつり! 日本共産党躍進を!

祭り、2日目、連合後援会バスで会場へ
心配されていた、「雨」もなく、帰りのバスにの乗り終えた時点で、少しぽつり、ぽつりと。

来春一斉地方選挙、再来年国政選挙(もしかしたら、早まる?)への意気込み、熱気を感じます。
関東近県から続々大型バスが。
(500台とも)10万人、とのことですが、人人人、。

みんなでつくり、みんなで楽しみ、みんなでそれぞれの地で頑張る英気を養うお祭り。
神奈川の広場、中央舞台、(政令市予定候補者は舞台そでで)で予定候補者紹介と挨拶
私も挨拶、決意表明を行いました。

24歳で日本共産党に入党してから、何回参加したことだろう。
議席が伸びない時期、躍進の時期、
山有り、谷あり、
各地から集い、中央舞台、全国物産展や大書籍市、たっぷり楽しめます。
1日ではとうてい、回りきれなくて2日間続けていったりしたこともありました。

公園の砂場の砂が増量されました!

市民の幸せにつながる
市政への要望を伝え、実現させることことは、とても嬉しいことです。
特に子ども達に関することは。

以前このブログでお知らせしてきた、
相模原7丁目公園の砂場の砂が少なすぎる、増量して欲しい、と公園課に
要望してきた件です。
公園課はすぐに現場を確認し、基準の砂の量よりも、確かに、少なすぎる状態であることから、
「増量します」との回答を頂いており、時々、砂場の状況を確認してきましたが、
金曜日頃、ちゃんと増量され、ふかふか状態になっていました。
素直に嬉しく思いました。

かけがえのない、「子ども期」、想像力と創造力を育む「砂場」
ゆったりとした時間のなかで、伸び伸びと遊ぶことができる、「時間と環境」を!
「安全と安心」の保障は大人の責任。
子どもは明日への希望、
「子どもは宝」、言葉だけでなく、ちゃんと、でなくちゃね!

少々、わかりにくいかもしれませんが、砂場の「枠」から、相当下回っているー少ない!

 
 
 
  
少々わかりにくいかもしれませんが、砂がちゃんと適正量まで増量されている状態へ
 
(んん、も、ちょっと、写真の腕あげないと、だめだな、こりゃ)
 
全市的に砂場の状況がどうなっているのか、実績や予算についても調査したいと思います。

2014/11/01

教会の結婚式へ

イギリスの友人の息子さんの結婚式に参列しました。(「聖婚式」というらしい)
イギリスからご両親(母親は日本人、学生時代の友人)と弟さんが来日、
新郎新婦の友人、会社関係等久々に「若い人がいっぱい」、
参列者も外国の方がたくさん、欧米、黒人、アジア系など、
「グローバル」。

結婚式場の教会式的結婚式ではなく、「ほんものの」(?)の小さな教会で、めったには
ないであろう結婚を祝うパーティです。

賛美歌は全く知らない歌、司祭の「説教」、新鮮でした。

子どものころから、ずーっと交流があり、息子達とも、仲良しのS君の結婚、
我が子のように嬉しいものです。

母親は日本人でロンドン大学留学後、イギリスに永住、イギリスの人と結婚、息子は日本が好きで、日本で仕事をし、日本女性をお嫁さんにしました。
3人のお子さん達は、世界の様々な国を行き来しています。

外国を知ること、外国の人を友人にもつこと、
どの国の人も、人としての幸せは同じ筈。
国と国とが「友好的」に繋がること、「敵対」しないこと、
戦争で得する人達のために、私達庶民の幸せを奪わせない!

んんん、いろんなこと感じました!。

明日は4年ぶりの「赤旗まつり」、みんなと一緒に楽しんでこようっと!