2014/07/19

日本共産党92周年 記念講演は す・ご・い!

15日の創立記念日 記念講演当日のCS放送、翌日の録画放映は他の用事があり、見る事が出来ず、やっと、今日Pc

の動画でみることができました。

ん、いいね、いいな、でした。

内容はもちろんですが、志位委員長の力強さ、会場の熱気が伝わります。

私は

戦争体験はもちろんありません。

ですから、戦前の「暗黒時代」の空気は体験していません

戦争社会は庶民にとっては、どんな社会なのか、どんな空気が蔓延しているのか、

体験者の話、活字、映画、写真や絵など、様々な媒体から想像するしかありません。

「国」「国益」が主であり、国民、個人の命、生活、人権等が従とされること、

一人一人のかけがえのない人生が「使い捨て」「駒」のように動かされること、、、



戦争に「向かう」空気へ徐々に変わりつつあるけれど、それに抗する国民の声も高く、広がり、今歴史的局面に立たされている、

志位委員長の講演は緊張感を呼び、奮起するこころを呼び、これから起きてくる様々な闘いを、みんなと一緒に頑張って行こうという気になります。

今日は朝から、いろんな活動をしました。

スーパー前宣伝、集団的自衛権署名では、若いお母さんがすぐに署名してくれました。

雨が降り始めましたので、1時間の予定を切り上げ、50分で終えましたが、30筆の署名をしていただきました。

関心の高さを知ることができました。

夕方は連合自治会の故郷まつり、清新小学校校庭へ。

夜は民主団体定期大会へ

そしてやっと記念講演を、