2014/07/17

豚盗難? 悲し過ぎる

ネットニュースで知ったことですが、千葉県で生きた豚盗難が続いているとか。

以前、収穫目の前の果物や野菜が盗難、との時も悲しい犯罪に心が痛んだものです。

スーパーの商品としての果物の盗難も犯罪ですが、農家の方が心と時間をかけて「育ててきた収穫物」、農家の人の「心」を踏みにじる犯罪で、万引きとは違う、あまりに悲しい、「心ない行為」です。

生きた農作物を盗むと言う行為は、あってはならない、「命」を奪うこと、

世の乱れの象徴、痛みに近い感覚でこの犯罪は許せないな、と思ってきました



この「生きた豚」の盗難!

豚の価格が高騰しているからか、、、、とネットありましたが、

豚を盗む、素人ではでいない、、、、とありましたが、

なんということでしょうか

果物等以上に悲しいことです。



毎日毎日、生きている「命」を育て、手元を放すとき、農家の方は「別れ」を感じながら、「命」とむきあっているのではないか、ある日突然、盗まれる!

車の盗難とはわけが違う!

盗んだ人は何故、どんな心持ちで盗んだんだろう

良心の呵責にさいなまれることはないのだろうか

想像を絶する犯罪です。



こんな時代に生きていることは、なんとも、つらいことです。

丁寧に生きること、大切な人、大切な時間、一瞬、一瞬をかけがえのないものとして生きていこう。