2014/07/30

就学援助、受けられなくなった児童生徒164人

宮下自治会の花火「ナイアガラ」これは、去年



140726_2104  今年の「ナイアガラ」

あっという間に終わるけど、この花火は好きです。



6月会議の一般質問で取り上げた「就学援助」制度、

生活保護費が制度利用認定の基準の1つになりますが、

要保護児童生徒数は昨年度は8397人でした。(自治体が基準を設定、本市は生活保護費の1,5倍以下、と他市に比べると大変高いレベルとなっています。今後についてのこの基準は堅持していく、との答弁があったことは嬉しいことですが、)

生活保護費が3年間連続削減される、ということになり、(消費税増税で、一定の配慮はされているようですが)

この引き下げられた保護費をそのまま連動させると、就学援助の基準額も下がることになり、対象から外れる人がでることが危惧されていました。

政府は、影響の大きさを考え、「影響させるな」と金は出さずに、口をだす=通知を3度にもわたって自治体に出していましたが、本市は連動させたのです。 全国を見れば、1117自治体がちゃんと政府の考え方を受け止め、影響がないようにと、連動させていないのに、です。



それなのに、それなの、

ちゃっちゃと、連動させている74自治体!

その中の自治体が我が相模原市!

本会議での一般質問時では、本市の影響数、世帯数、予算等が確定していない、7月末に出る、ということでしたので、聞いてきたところ、

今年度当初就学援助申請した世帯5710世帯のうち、昨年の基準のまま、(削減されていない生活保護費を基準、)ならば、該当していたはずの世帯で、今年度、引き下げられた生活保護費に連動させたため、就学援助認定から外れたのは、

小学校  117人  中学校  47人 合計 164人

世帯数では、申請全世帯数 5710世帯のうち、94世帯 (1.65%)が対象外となってしまいました。



予算的には、小学校 756万円 中学校 394万円 合計 1,150万円です。

94世帯、164人 が影響を受けた、ということになります。



子育て世帯への支援充実こそ、求められているときに、金を出さない政府も、本市の対応も驚きです。

直面の対応と、来年度予算への配慮を求めました。

2014/07/29

沖縄辺野古が大変なことに



しんぶん赤旗を見て、こころが痛んでいます。

辺野古での緊張した空気、地元の人達と、横暴危険な政府とのたたかい。

目を閉じると今年現地の浜、テントに行ったときの、あの光景が目に浮かんできます。

2014/07/27

第36回 相模湖・ダム建設殉職者合同追悼会

本日 1時半より、相模湖交流センターで、ダム建設殉職者合同追悼会が行われました。共産党市議団からは私が今回出席しました。式次第は、開始式の辞、ドキュメンタリー映画、実行委員会あいさつ、追悼の辞 7人、遺族代表あいさつ、献花、

雨宮知子さんの独唱、朝鮮民族創作舞踊、北相中学生徒の合唱、朗読、閉式の辞



実は映画の頃、猛烈な睡魔に「襲われ」(夕べ、暑くて暑くて、何度も目が覚めてしまったし・・・)

ほとんど、印象に残っていません。(すみません)

でも、その後はばっちりです。

日本が今、危険な方向、戦争への道へ暴走しようとする政権と国民の運動が綱引き状態の時、戦争犠牲、二度と再び起こさせるなの誓い、願いを強烈に発信する今年の追悼の辞、

若い世代の、友好、交流の舞踊や独唱、合唱は感動、うるうる、。

時代を丁寧に生きる、「歴史的存在」として、自分に出来る責任を果たすこと、

忘れない、ことと、二度と起こさせないために、行動すること。

うんうん、と聞き入ってしまいました。

「共に生きる」「共生」、確か、閉式の辞でのお言葉だったかと思いますが、

ん、!「共産党」の目指す方向と合致!

人と人、国と国、人間と自然、共に生きること、

今世界で起きている紛争、戦争、武力抗争、威嚇、

悲しい現実

でもいつか、人類はクリアできることを信じて、「今」に生きる!

2014/07/26

駅頭夕方宣伝、署名

JR相模原駅頭、で夕方宣伝、署名活動を行いました。

この時間帯ではあまり行ったことはないのですが、夏の夕方、おつとめ帰り風、お友達と一緒など、朝と違い、ゆったり時間感の空気があります。

1日の仕事、終わった!や、金曜日、人によっては、明日から休み、感があります。



朝よりも、元気よく、呼びかけることができる感じです。

若いママが、お子さんと一緒に話しを聞いてくれ、署名してくれたのには、嬉しかったです。

私は6時からの法律相談に同席する用事があり、途中で失礼させていただきましたが、あとでお話しを聞くと、

外国の方との対話もあり、署名やシール投票などにも協力して頂いたようです。



3時に控え室に相談者がみえるので、控え室にいると、電話が入りました。

初めての方で、私の松永レポートの携帯電話番号を見て、かけてくれたようです。

高齢男性、妻と息子が障害手帳を所持している方

自分一人の年金ではもはや暮らして行けない、と。

住宅地図でどの当たりかを確認、お話しを伺う日程を約束。



6時から法律相談に同席した方は1年前の選挙のとき、宣伝カーで宣伝しているとき、近づいてきて、すこしお話しをし、相談したい時のために、さしあげた名刺を大事にとっておいて、離婚問題で相談してきた方です。(そのときのことはあんまり覚えていないのですが)

きっかけ、縁はいろいろです。

1枚のチラシ、名刺がいのちをつなぐことに。

責任の重さを感じます。



今日は嬉しい、嬉しい、つどいに参加します!

夏だ、お祭りだ!

日本の夏は、お祭りです。

熱中症になりかねない位の暑さですが、「お祭り」です。

宮下自治会お祭りで、盆踊り、炭坑節、宮下音頭、小山音頭?、次から次から、汗ぽたぽた、でも踊る盆踊り

もち、私も踊る!

子どもたちの盆踊りや伝統的な「お囃子」など、歴史をかんじさせる地域です。

最後は、花火です。

日本各地で、盆踊り、

夏が来た~! っていう感じ!

2014/07/25

市役所周辺駐車場、有料化へ、市民周知始まる

昨日、会議で市民会館の駐車場を利用したのですが、入り口で。緑のチラシを受け取りした。

A5サイズ。

内容は以下の通り



相模原市役所 第2駐車場

リニユーアルオープンのお知らせ

このたび、相模原市役所 第2駐車場は、「タイムズ相模原市役所第2駐車場として営業させて頂くことになりました。最新駐車場機器設置に伴い、下記の日程でリューアル工事を行います。何かとご迷惑をお掛けするかと思いますが、ご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。

工事期間(予定)

平成26年7月14日(月)~30日(水)*工事期間中もご利用いただけますが係員の指示に従って下さい

駐車場リニューアルオープン

平成8月4日(月)

駐車場ご利用案内

駐車場営業時間  24時間

月~金曜

8:00~20:00  60分ー200円

20:00~8:00   60分ー100円

土・日・祝

当日1日最大料金 800円

8:00~20:00  60分ー200円

20:00~8:00  60分ー100円

 

最初の120分 無料 市役所の用事で120分以上ご利用の方は、ご利用窓口にお尋ね下さい

 

お問い合わせ 駐車場管理 タイムズ24株式会社 TEL 03-3213-8901(受付 9-17時 土日祝休み)



公共財産の貸し付けが法改定で可能になり、民間事業者に、貸し付けたもので、年間予算1200万円(確かこの位)が市収入になるそうです。

あくまで、渋滞解消を目的に行われる有料化。

このチラシ、スタート当初、混乱しないだろうか

2014/07/23

若いパパ、どうしたんだろう

早朝駅頭宣伝の後、津久井総合事務所へ。生活相談です。

71歳まで、現場仕事で頑張ってきたのですが、脳の手術を受け、術後の体調も思わしくなく、

単身赴任で頑張ってきた仕事も体力的に続けられない、

年金もなく、北海道への妻への仕送りもできなくなる、今後の見通しも立たない、、、

重い内容です。

6月分の給料をもらったら、生まれ故郷で奥さんのいる北海道に帰り、その後生活保護で暮らしていくしかない、

今後の方針を明確し、進めるべき、流れを確認し、一歩踏み出す。

それにつけても、ギリギリの生活、病気や年老いていくと、一気に生活困窮へ。

ともかく、最後の給料で、北海道に帰り、そこで、申請するよう、伝える。

最低保障年金制度は必要だと痛感。



まだ、小さなお子さんのいるパパが壊れている、、、、今日は傾向的に同じような生活相談が午後と夕方、続きました。

若いパパ、どうしたの?という不安に駆られる相談です。



結婚し、子どももできたけれど、「パパ」になりきれない。

不安や不満の多い職場、社会のなかで、フラストレーションが家庭のより弱い者に向かう構図が同じ。

1つは、祖父祖母とお孫さんの相談。

精神保健福祉相談課、子ども家庭相談課、高齢者福祉相談課、社会福祉協議会、

次々相談、しかし、

最終的にはアパートを自力で見つけるしかない、

なんということだろう。



三人今日はちゃんと寝れただろうか、

気になってしまうけれど、連絡はもう明日しかできない・・・



次ぎの相談は若いママの相談、パパの様子が似ている。

サッカーワールドカップで日本が負けたら、機嫌が一気に悪くなって、子どもに当たりちらす?

子どもがおびえる、「パパ」は、自分の部屋でゲームに明け暮れる、、、



母親は妊娠し、10ヶ月お腹のなかで、子どもを育てますから、だんだんと「親」の実感がでてきますが、

パパは子どもとの接点、愛情は自然に必然的にあふれ出るものではなく、だんだんと実感するんだろうな、と思っていました。

「赤ちゃん」とのツーショットで、一番感動的なのは、赤ちゃんと若い「パパ」。人間的な美しさを感じます。

ママと、は当たり前、おじいちゃん、おばあちゃんも当たり前、

小さな命に直面し、それが我が子、というのを、ふれあいを重ねて、自覚していく・・感動を感じられる場面は美しい。

今日の2件の事例は、「パパ」が自然に、だんだんに「パパ」になる、ということが壊されている、不思議な感じがする事例でした。

気分がめいる、まだ解決の光が見えて来ない、2つの事例。

いろんなこと、複雑なことを1つ1つ、クリアしていかなければならなく、重い内容のケース。

小さな子どもたちの人生にも関わり、よりベターな選択になるよう、関係機関と相談しながら進めて行くしかないのです。



今日は、早朝宣伝で差し入れが2人から。

そして、いつものメンバーではない方が参加。

これからは松永さんのため、すこしでも時間があったら、できる限り協力するね、っていってくださり、

温かい言葉に、ほっこり、ちょっと涙が出そうになるくらい嬉しかったです。

あまりに、あまりにいろんなこと、こころのダメージになることが重なった為、こころが弱くなっていたからかも。

頑張れ、頑張れと、と自分を励ます。



ともかく、疲れたら、寝る。

朝また、新しいエネルギーが充電されていますように・・・。!

2014/07/22

今日も赤旗は「いいね」ー韓国、「安倍の閣議決定」と共通

日刊紙1面トップは、「韓国、ベトナム派兵決定の国会審議」、これが安倍政権の「閣議決定」と共通

このタイトルだけで、興味津々。当時の情勢、歴史的経過、どきどきするようなドラマ的展開を追っています。

1面と関連資料2面に載っている記事は赤旗ならではです。

集団的自衛権については、1面で、「非人道的時代に戻さぬ」ーカトリック大阪大司教区司教 池永 潤氏

2面で、「9条の意味 考えるべきだ」 一橋大学教授 坂口正二郎氏、迫力ある主張です。

2面の「主張」では、「武器輸出拡大」について、これは軍需産業の動きが気になっていたの で、「死の商人」の危険な存在、この存在が「戦争」を呼び起こす、アメリカ的軍産国家への道になれば、「自衛の為」の戦争といって、秘密保護法で真実も知 らされず、戦地に行かされ、命と落とす、、、、歴史を繰り返さない、 大変な時代に今あること、あらためて、記事のなかから、感じます。

 小森9条の会事務局長は先日の講演会で、安倍政権は「言葉の詐欺師」と批判していましたが、

これまでの「武器輸出三原則」といっていたものを、「防衛装備移転三原則」と言い換えています。

噴飯ものではありませんか

武器=防衛装備

輸出=移転

何、これ!

だまされるな、だまされるな!

「死の商人」が動き始める

子どもたちに、迷彩服を着せ、にこにこと写真をとる自衛隊、

優しそうに、組紐づくり、ご褒美のお土産

だまされるな、だまされるな

命と落とす、他国の人を殺す、

心が壊れる、「人間性」を奪われる

自民党の共産党攻撃が始まります

国民とともに、「自由と民主主義」、このスローガンがどんなにかけがえのない、光輝く意義深いものであるか、

刻々と動く、「時代」。

自分の人生と歴史と・・・・

実は、知りませんでした。日本はギャンブル依存症世界一位

カジノ誘致に今、全国約20の自治体が沸き立っているとか。

カジノで、「経済活性化」、雇用創出、財政への寄与等

しかし、問題点はたくさん。

カジノは刑法第185条、186条で禁止されている刑法犯の要件に該当すると。

ですから、特区域で合法的に出来るようにしようと、いま、色めきたっているようです。 

ここが驚きですが、日本はすでにギャンブル大国だと。

中央競馬 2兆4280億円

地方競馬   3480億円

競輪     6790億円

オートレース 8970億円

宝くじ    9200億円

パチンコ 19兆3800億円

合計 24兆7440億円

(参考 マカオ 約2兆4100億円 ラスベガス  5910億円)

なに、この桁違いの日本のギャンブルの実態!

日本のギャンブル依存症  650万人



こんな実態なのに、 

 何故、カジノ誘致、自治体が競うの?

 ギャンブル依存症や犯罪、家庭崩壊など、深刻な影響、被害でてくるのではないでしょうか、

 

過去の生活相談の中に、パチンコ依存症の妻が膨大な借金を作ってしまい、離婚。本人も病気になって亡くなった事例があり、思い出しました。

絶対反対です!

2014/07/20

「高速鉄道(リニア)輸出に追い風」?

国交省意見書が出て、各紙の紙面がメールされてきました。

その中で、注目したのは、神奈川新聞の「高速鉄道(リニア)輸出に追い風」

JR東海が何故、日本のあまりにも多い障碍、関係自治体や団体、住民の声を無視し、説明も不十分のまま強行しようとするのだろうか、と思っていましたが、 安倍首相が首相になってすぐに訪米、オバマ大統領にリニアのことをセールスしたことに驚きとともに、なるほど、だから、急いでいたのか、と思惑がわかった のですが、今回も神奈川新聞は的確にその点をついていました。



もうひとつ、まだわからないのは、何故、国のトップが1民間企業のセールスをするのか、と言う点です。

財界と自民党の癒着構造は資本主義社会の根本的な構造をなしているのですから、その点への疑問ではなく、何故こうもあからさまなんだ、という点です。

金権癒着って、かげでこそこそ、やっているもんじゃないのか、なぜ堂々と、マスコミの前でひらけかす?

むき出しの財界主導政治、ここまであからさまとは!

第二次 安倍政権担って、マスコミ対策、まるめこみをしているようですが、(赤旗では、詳細な報道がされている)、その結果なのだろうか、

リニア、国と大企業が日本を壊す、「亡国の政治」、本市にも、象徴的に集中。

忙しくなるな・・・

2014/07/19

日本共産党92周年 記念講演は す・ご・い!

15日の創立記念日 記念講演当日のCS放送、翌日の録画放映は他の用事があり、見る事が出来ず、やっと、今日Pc

の動画でみることができました。

ん、いいね、いいな、でした。

内容はもちろんですが、志位委員長の力強さ、会場の熱気が伝わります。

私は

戦争体験はもちろんありません。

ですから、戦前の「暗黒時代」の空気は体験していません

戦争社会は庶民にとっては、どんな社会なのか、どんな空気が蔓延しているのか、

体験者の話、活字、映画、写真や絵など、様々な媒体から想像するしかありません。

「国」「国益」が主であり、国民、個人の命、生活、人権等が従とされること、

一人一人のかけがえのない人生が「使い捨て」「駒」のように動かされること、、、



戦争に「向かう」空気へ徐々に変わりつつあるけれど、それに抗する国民の声も高く、広がり、今歴史的局面に立たされている、

志位委員長の講演は緊張感を呼び、奮起するこころを呼び、これから起きてくる様々な闘いを、みんなと一緒に頑張って行こうという気になります。

今日は朝から、いろんな活動をしました。

スーパー前宣伝、集団的自衛権署名では、若いお母さんがすぐに署名してくれました。

雨が降り始めましたので、1時間の予定を切り上げ、50分で終えましたが、30筆の署名をしていただきました。

関心の高さを知ることができました。

夕方は連合自治会の故郷まつり、清新小学校校庭へ。

夜は民主団体定期大会へ

そしてやっと記念講演を、

2014/07/18

本日、リニア、国土交通大臣意見、オスプレイ再飛来

国土交通大臣の意見書、本日公表される。早速読んでみましたが、環境大臣の意見を重く受け止めているとはとうてい思えない、実に薄っぺらい、観念点、抽象的文言の羅列。

県境問題等を真剣に考えてはいない、ことが分かる、文章となっています。

まずはさらっと読んだ感想です。

それから、

オスプレイ再飛来。

またしても、「給油」を行う、とか。

厚木基地、横田基地、キャンプ富士など行き交うことになれば、本市上空を飛来することになります。

町田市に航空機墜落事故が半世紀まえにあったと伺ったことがありますが、

日本は一体どうなった?どこに向かおうとしている?



今日、日本共産党に一人の入党者を迎えました。

共に、共に、生きること。

共に、市幸せになること、

2014/07/17

リニア、国会議員とともに、市内視察へ 

昨日の山梨県の現地視察に続き、今日は、本市内の視察に参加します。

橋本駅、相原高校、鳥屋車両基地予定地、小倉変電施設予定地、視察後、市役所で市幹部と懇談

田村智子議員、今国土交通委員で、リニア関連を鋭く質問している、辰巳孝太郎議員やその他の議員の秘書の皆さんなど、10名近くの国会関係者がみえます。

今日、明日中にも、国土交通大臣の意見書が発表されるのではないか、というタイミングです。

(7月22日までに意見を出さなければならない、となっている)

昨日、今日の報告はこのHPや松永レポート等で、順次行ってまいります。

豚盗難? 悲し過ぎる

ネットニュースで知ったことですが、千葉県で生きた豚盗難が続いているとか。

以前、収穫目の前の果物や野菜が盗難、との時も悲しい犯罪に心が痛んだものです。

スーパーの商品としての果物の盗難も犯罪ですが、農家の方が心と時間をかけて「育ててきた収穫物」、農家の人の「心」を踏みにじる犯罪で、万引きとは違う、あまりに悲しい、「心ない行為」です。

生きた農作物を盗むと言う行為は、あってはならない、「命」を奪うこと、

世の乱れの象徴、痛みに近い感覚でこの犯罪は許せないな、と思ってきました



この「生きた豚」の盗難!

豚の価格が高騰しているからか、、、、とネットありましたが、

豚を盗む、素人ではでいない、、、、とありましたが、

なんということでしょうか

果物等以上に悲しいことです。



毎日毎日、生きている「命」を育て、手元を放すとき、農家の方は「別れ」を感じながら、「命」とむきあっているのではないか、ある日突然、盗まれる!

車の盗難とはわけが違う!

盗んだ人は何故、どんな心持ちで盗んだんだろう

良心の呵責にさいなまれることはないのだろうか

想像を絶する犯罪です。



こんな時代に生きていることは、なんとも、つらいことです。

丁寧に生きること、大切な人、大切な時間、一瞬、一瞬をかけがえのないものとして生きていこう。

2014/07/15

オスプレイ来るな 7,15 緊急抗議集会

会場で頂いた、プラスター?

7月9日 防衛省が厚木基地にオスプレイが飛来する可能性について情報提供

7月11日、県内関係自治体共産党議員団等抗議申し入れ

7月15日 緊急抗議集会

集会では綾瀬市長の毅然とした、抗議、オスプレイ来るなのメッセージが読み上げられました。

田村智子参議院議員のあいさつ、決意表明、労連議長、周辺住民の会など、緊急な集会でしたが、やまと公園には、大多くの方が参集していました。

今回のオスプレイ飛来は「人員輸送」とのことですが、?????

住宅密集地を欠陥機のオスプレイが飛ぶなんて、絶対容認できません。

暑い、暑い中で、熱い熱い、あいさつ、決意表明が続きました。

(カメラ持参したんですが、エーッツ、充電切れ、オーマイガッド!)

2014/07/12

暑い!けど、熱い闘いの夏へ

梅雨は明けた?

まだのような気がしますが、この暑さ!

2月の豪雪、そして、この暑さ、自然の移り変わりって「楽しむ」心境を超えて、「耐える」状況へ

熱い7月、生活相談も相次いでいますし、行事も目白押し、

今日は後援会行事。

15日、大和市「やまと公園」でのオスプレイ厚木基地飛来、緊急抗議集会

日本共産党、92歳お誕生日 記念講演ライブ視聴

16日、南関東ブロック リニア関係者学習交流会 国会議員らとともに、山梨現地視察へ

17日、国会議員本市来訪、本市現地視察と交流

18日、議運、水源地域特別委員会委員長との打ち合わせ

19日、市民団体総会、定期大会、出席   お祭り

20日、お誕生会、党活動

21日、リニア問題全国集会 静岡市へ

22日? 国土交通省、リニア意見書公表? (期限は22日)

リニア関連の動きが急になってきました。暑いけど、熱い闘いつづく、、よいしょっと

2014/07/10

「生きづらい社会」を考えるつどいー憲法に聞いてみよう

昨夜、グリーンホールで行われた さがみはら9条の会主催のつどい、についてです。

全体的に、元気が出る、内容、米軍基地のあるこの相模原での反基地闘争の底力を発揮して、ともに頑張ろう、みたいな小森陽一氏の言葉、「いいね」でした。

オープニングは憲法歌う、きたがわてつさん

変わらない、って素敵だな、強いな、と感じます

「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会特別報告には、感動!

こんな若い、素敵な人のたった一人の派そうと声からスタートし、瞬く間に共感の輪は広がり、実際にノミネート

時代はここまで進んでいるんだ、それにしても、可愛いい、なんて魅力的な女性、声髙にでなく、すっと心に届く

率直で、柔らかい心と物言いと。日本の「国民」の底力、歴史の力かも、、、

そして、小森陽一氏の講演。

んー、わかりやすい。

短時間という制約のなかで、エキスをきちんと伝えるー プロ!です。

こうした講演会は初参加の隣に座った知人が、それは、それはもう感動していました。

これまでの「戦争する国」にむけた米国、自民党の歴史と現段階。歴史的に把握することの重要性を再認識させられます。

ここは面白いので、レジメから抜粋

Ⅱ安倍政権の「解釈改憲」による憲法改悪の現段階を歴史的に捉える

①米ソの核兵器対決によるヨーロッパの東西冷戦とアジアの熱戦ー1950.6.25からの朝鮮戦争の中でのサンフランシスコ講話条約と旧日米安保条約体制(1951.9.8締結 1952.4.28 発効)

②日本再軍備と自由民主党の結党と「55年体制」ー自衛隊は「陸空軍とその他の戦力:」ではない

③湾岸戦争と自衛隊の海外派遣と「9条の力」ー「55年体制」の崩壊と小選挙区体制

④小泉純一郎政権下における「テロとの戦争」への全面協力と北朝鮮問題(2001.9.11から2004,1

イラク派兵まで)ー「自衛隊が行くところが非戦闘地域なのです」(小泉首相)

そして集団的自衛権の行使を容認する閣議決定 全文 資料のなか、で、長文の「問題意識」の後の最も重大な変更点を詳しく話されました。。

このくだりです。

 「こうした問題意識の下に、現在の安全保障環境に照らして慎重に検討し た結果、我が国に対する武力攻撃が発生した場合のみならず、我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、 国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合において、これを排除し、我が国の存立を全うし、国民を守るために他の適当な 手段がないときに、必要最低限度の実力を行使することは、従来の政府見解の基本的な論理に基づく自衛のための措置として、憲法上許容されると考えるべきで あると判断するに至った。



言葉の詐欺師と。

憲法98条 この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

 

まして、閣議決定というのは、内閣法での位置づけもないもので、法的拘束力もない、と。



秋の臨時国会には、個別法案提出を断念に追い込んだ世論の力、

9条の会は初めて、各地の6500近くの地域9条の会、心一つに大集会をもちたい、とのこと、

楽しみです。

これから、これから・・・。

2014/07/09

確かに、「空気」動いている!

沖縄地域の「経験したことのない」レベルの台風情報が伝わってきます。早く、通りすぎますように、被害が大きくないように、と祈るのみです。

今日は水曜日、定例駅頭宣伝美ですが、6時の空模様、あやしい。

でも、雨降ってはいませんので、出発

いつものように、マイクで。早朝ですので、そこそこ、元気、さわやかに、と意識して・・

青年がじっと見ている。集団的自衛権行使ノーのプラスターと私をじっと。

そこで、マイクストップ。

今回の閣議決定の内容、若者の将来に関わる大問題今日の講演会ー話しかけると、関心はあるけれど、派遣社員で夜勤を終えたばかり、今日の講演会は行けない、今後も自分の問題として考えていきたい・・。と。

ん、がんばろうね。

そして、しばらくして、今度はおじさんが。

「共産党、がんばってほしい」と。

三菱キャタピラーで働いてきた、

今の政治はほんとにひどい、

Aさん、Bさん、いろんな議員知っているけど、今の時代、共産党だ、共産党がもっと伸びてほしい、と。

では、また。いつも水曜日ここでやっていますからね、

それにしても、おじさん、朝から、少々、お酒のにおいがするけど!

ますます、元気になって、話し始めると、

いつもの方がにこり、ぺこり、と次々反応を見せてくれる

雨が降り始めたので、いつもより早く切り上げる。

チラシを配ってくれている後援会の方が、対話した方の話しを紹介してくれる

いまの共産党の話しの内容はとてもいいと思うけれど、話し方をもう少し、小泉元首相のように抑揚をつけて話ししたほうがいいのでは、とアドバイス。

うーん。

ありがたいアドバイスですが、小泉さんが大型宣伝カーから大々的に話すことと、早朝駅頭とは、若干、ボリューム等配慮しなければならないいんだけど・・・

でも、まあ、もう少し、元気よくやれって、いってくれているでしょうから、、よくわかりました。

いろいろ、変えてみましょう!

こうして、声を寄せていただくことはとても嬉しいこと!

反応が増えていることは確か。

見ていること、聞いていることは確か。

む、、がんばろう!

 

今日はグリーンホールで9条の会の講演会。

楽しみです。

「オスプレイの厚木基地への飛来について」、市からの情報提供

本日、7月9日 20時20分 渉外課より情報提供のFAXが入りました。以下の通りです。



「オスプレイの厚木基地への飛来の可能性について、防衛省南関東防衛局から県に対し、次ぎの通り情報提供があった」



「本日、米側から、米海兵隊のMV22オスプレイ1機が、人員輸送のた め、7月15日(火)、厚木飛行場に立ち寄り、キャンプ富士に飛来し、その後、同月18日(金)にキャンプ富士を発ち、普天間飛行場に帰投する可能性があ る旨の情報があった。なお、本計画は天候等の影響により変更の可能性がある。

以上



いくつもの疑問がある文章です。



①「人員輸送」とは、?海兵隊?誰?

②どこからの飛来のオスプレイ?

③何故、厚木基地に「立ち寄る」、理由?「立ち寄る」とはなんぞや?

④「本計画」とあるが、「計画」? このルートは「計画」?

厚木基地に「飛来」する可能性について、国会議員団が追求していましたが、政府はのらりくらり、

やっぱりか、の思いがありますが、米側は一方的な通告のみか、

「誰も知らない基地のこと」というDVDを見ましたが、本当に従属的なひどい実態です。

2014/07/07

本市自殺統計ー情報提供より

7月2日付け、本市精神保健福祉センターよりの情報提供です。

●市内自殺者 前年比 8人増 の128人

●40歳代が最も多い

●60歳代をのぞくすべての世代で男性が60%以上を占める

●原因は健康問題が一番多く、次が家庭問題、経済・生活問題となり、不詳が33,1%

●自殺者の25.8%に自殺未遂歴がある



市内自殺者推移

 H22年   141名

 H23年   161名

 H24年   120名

 H25年   128名

本市の自殺死亡率の推移は、1,1ポイント増加bしていて、これは、県や全国とは異なる傾向を示している(全国は減少)

昨年比 全国、県は減少しているのに、本市では増加、このことは本当につらいことです。

健康問題が一番の原因とされていますが、職業別でみると、

 自営業者は経済・生活問題

 被雇用者・勤め人は、勤務問題

 無職者は健康問題

 学生・生徒等はその他

 失業者は経済・生活問題

2014/07/06

自衛隊の迷彩服を子どもに?!

上記二つのパネルは、首相官邸前行動で使用されたパネル。

参加した方から写真掲載了解を頂き、載せました

直接自衛隊向けのポスター、ダイレクトに自衛隊にメッセージは、珍しく、インパクトがあります。



今日も1日盛りだくさんでした。

午前中は市民団体定期大会に出席、あいさつ。

その後、中央公民館で行われている、子ども祭りへ

公民館前庭の一番広い場所を占めて、自衛隊が、「組紐綴り体験」と、自衛隊、迷彩服、こども用試着

参加した子どもには、お土産つき。

自衛隊は災害救援活動のパネルもずらり。

相模原に駐留している、陸軍中央即応集団は海外展開用、戦陣部隊

本務は米軍と一体となった、海外殴り込み部隊

係の自衛隊に聞いてみると、本市にある、自衛隊募集事務所からきているとのこと。

 

どうも、昨年から子ども祭りに参加していると。自衛隊、迷彩服への違和感を知らず知らずに解消させ、浸透させていく・

この微妙な時期に、市民感情も考えないで、こうした場に参加することの怖さ、薄気味悪さ

公民館活動、こども祭りの取り組みとしては、ふさわしいとは感じられません

 

午後からは集団的自衛権に反対する市内市民団体のデモ行進に参加

最後尾を歩いていた87歳のKさんにびっくり。

日本国憲法を英訳してアメリカに広めた学者で、同郷の方なので、お話しを来たことのある方

暑さのなか、毅然と行進に参加

高齢にもかかわらず、お歳を感じさせない、わかわかしさにびっくり

 

行進を抜け、党活動へ

夜は孫達全員と外食へ

公私ともフル稼働

2014/07/05

「小田急延伸」相模原市、町田市 広報

両市とも、7月1日号1面トップで、「小田急多摩線 延伸計画」について掲載。

相模原市はほぼ1面全面、町田市は上段半ページ。

本市の内容は、進捗状況、市、市民、議会の取り組み状況。事業化までの流れ、国への要望など。

で、町田市の内容は、

「小田急多摩線延伸計画に関する研究会」(2市共同設置、12年、13年度調査)の内容

「駅や路線の構造、概算建設費の試算、需要予測と事業採算性、事業性向上方策、延伸線の整備による効果などを専門的な支店や関係者の意見を反映しながら、調査、検討を行ったきた」と。

そして、調査結果を披露

●駅は3駅ー町田市新駅(小山田バス折り返し所付近)、相模原駅、上溝駅で事業採算性があることが確認された

●新駅と上溝駅は高架構造、相模原駅は地下構造

●町田市の一部と高架線構造駅部分を除き、おおむねトンネル構造

事業費ー1080億円

都市鉄道利便増進事業の適用を前提

事業費の3分の1が地方公共団体の負担分

(各市の負担分は今後の協議の上決定するよう)

●今後の進め方 2027年開業めざし、両市長が取り組みを進める覚え書きを交わした

●2015年に想定される交通政策審議会で現在の「検討路線」から「整備路線」への格上げに向けての要望活動への2市合意

・今後の研究は、事業化を見据えた計画案や経済波及効果の検討等の課題についての調査など。



本市は 「相模原市広域交流拠点都市推進戦略、基本計画」の中で、JR横浜線連続立体交差事業を位置づけていますが、その事業費負担は事業者、国、本市で負担、本市は40,5%を負担することになります。

総事業費が示されていません、今後の「整備計画」ででてくると思われます。(14,15年度で作成予定)

2014/07/04

赤旗記事より、8P 「消費税増税3ヶ月」

本日しんぶん赤旗 8P 税理士 浦野広明氏「消費税増税3ヶ月 識者に聞く」より。

「建設業などで、雇っていた職人を独立させるケースが増えている」・・????

「雇用している職人を独立させると節税に」・・・????

つまりこういく仕組み

職人を独立させると=「外注化」=「仕入扱い」=「仕入れ税額控除」=節税

年商1000万円以下の「個人事業主」は免税業者なので、仕入れに消費税分を上乗せする必要がないから、、

なるほど、なるほど



浦野氏の主張

独立させられた「従業員」の「仕事」の継続性は?

所費税増税で、正社員から非正規雇用へ、

大規模な雇用破壊がおきつつある・・・と。

消費税増税後、原材料など仕入れ価格が上昇している、中小事業者が消費税分を価格に全て上乗せするのは、現実的ではない、と。

つまり、販売価格は他の業者との競争や取引先との関係で決まるから。現在でも消費税の滞納額は新規滞納発生額の半分以上を占めていると。来年度消費税8%分の納税が始まれば「すさまじいことに」。

「中小業者の倒産や廃業も相次ぐと思う」

雇用も不安定化がますます広がる・・

「癒やしたら」・・連れ合いが。久々の「いいね」、じゃん!

いわゆる「あれから40年状態」の連れ合い、ほとんど空気のような存在と化していますが、

「これどうぞ、癒やしになるよ」と。

「七夕、星空、天の川の風呂敷だよ」と。

このところ、いろいろあって、疲れやすい私を励ますつもりかな?

ふむふむ、じっと見る。

ふむ、織り姫と彦星も小さくいる、なんでか、七夕にナスがぶら下がっている、空にもナスが。

ふむ、いいじゃん、

机の前の壁にどーんと張り出し、ぼっーと。

そういえば、奄美の田舎の夜って、真っ暗なんだよね、★がいっぱい

それに音がなく、それはそれは静か。

波の音、潮の香り、

(でも夜はハブがでるかもしれないから、外歩くのはまずいかも。)

来月8月、お盆の頃に、同窓会があるので、初参加のため、帰郷します。

でも、楽しみだけど、不安。

中学生頃の私と激変しているので、同一人物と分からない人がいるかも、と思うと・・・

ま、お互い様でしょうから、ま、いいか。

いまからでは、もはやダイエット、無理!「ありのまま」でいくか!

2014/07/03

「集団的自衛・・・」意見書、読む筈だった、討論

6月30日、相模原市議会、6月定例会議で、共同提案した「集団的自衛権、慎重審議を求める意見書」に対し、賛成討論を準備していたのですが、新政クラ ブ、公明が継続審議を求める動議をだし、9月会議へと持ち越しということになたために、私は用意していた賛成討論を読む機会がなくなりました。

短時間の中でしたが、心を込めて書いた原稿です。9月会議頃には、新たな展開となっているでしょうから、

ここにアップしておきます。(本市議会から国会政府に声を上げることが重要ですから、出来るだけ多くの議員に共同提案者になってもらうには、一致点での内容になってしまいますが)



議提議案 第2号 
「集団的自衛権行使容認に関して慎重審議を求める意見書」に賛成する立場から討論を行います。

 明日7月1日にも自民党、公明党の与党協議に基づき、集団的自衛権の行使を可能にする憲法解釈変更の閣議決定が行われようとしています。

 政府の閣議決定案は、日本に対する武力攻撃がなくても「国民の権利が根底から覆される明白な危険」があるときには集団的自衛権を行使する」という内容になっています。

 政府は集団的自衛権行使は「限定される」としていますが、誰が、何を 持って「明白な危険」と判断するのか、という点については、「政府が全ての情報を総合して判断する」としており、判断の根拠となる情報は秘密保護法で 特定秘密とされ、国民にも国会にも真相は知らされず、政府の裁量で無制限に拡大解釈される危険性を孕んでいることは絶対に容認できるものではありません。

 そもそも「集団的自衛権」とは、「自国と密接な関係にある外国に対する 武力攻撃を、自国が直接攻撃されていないにもかかわらず、実力をもって阻止する権利」と定義されていますが、いま、日本が集団的自衛権を行使するという現 実的意味は日本の自衛隊が米軍といつでも、どこへでも出かけて行って、他の国の兵士や民間人さえ殺傷することの可能性、危険性であり、この点に重大な警告 がならされているのです。

 現行日本国憲法のもとでは、集団的自衛権を行使できないとの解釈は、半世紀にわたる、国会での論戦、裁判での判断など、長期にわたる経過のうえで定着確定してきたもの、とされています。
 政府が強引に解釈を変更して集団的自衛権行使を強行しようとするのは、憲法違反と言わざるをえません。

 自衛の名で、自衛隊が海外に次々と出て行き、武力行使をするという、憲法上の歯止めがなくなると、後方支援も危険きわまりないものになっていきます。
 戦争しない日本・日本国憲法を次世代につなげていくこと、粘り強い対話を重ねる平和外交を貫くことこそ、戦後日本の使命であり、責任ではないでしょうか

また、やり方もきわめて憲法違反です。
 
 戦後憲法の立脚点である、立憲主義とは、権力を行使する者は、憲法によって認められている権限だけを、憲法の定める手続き・条件でしかその権力を行使できない、というもので、そのことが、国民主権を保障する立場に他なりません。

 権力を握ったものが、憲法解釈を変えることが出来る、となれば、この立憲主義の根本を否定するものとなります。
 憲法の解釈を勝手に変えるという立憲主義蹂躙の進め方については、自民党や公明党など与党内部や改憲の立場に立つ方からも次々と怒りと反対の声が上がっています。

 憲法第98条「この憲法は国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、詔勅、及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。」と明記されています。
 これまで「集団的自衛権は憲法上許されない」としてきた憲法解釈を、与党だけで解釈を変更し、閣議決定したとしても、最高法規である憲法に違反するものであり、無効であることは明白です。

 本市には、米軍陸軍司令部と海外展開を主務とする陸上自衛隊の司令部が置かれ、コンピューター においてですが、恒常的に戦争訓練をしている地域であります。
 集団的自衛権を行使するということになれば、紛争相手国から、本市の軍事拠点施設が攻撃対象になりかねない危険が増大することになり、市民の生命と財産がさらに危険にさらされることになりかねません。

 真の国民の安全とアジアの平和に貢献出来る、憲法9条を持った国としての役割と責任を果たすことを求め、

賛成討論といたします。

署名、いつもの3倍

真はスーパー駐車場で発見の「戦争反対」アピール自転車、

(もちろん、ご本人に断って撮影、ブログに載せています)

前かご、後ろかご、手作りメッセージ、迫力あるな・・・

60台前半男性、しょっちゅう、首相官邸前行動に参加しているんだそうです。自分で考え、自分でできることでアピール、おじさん、かっこいい!

連帯の熱い、励ましの言葉を頂きました! 

「いいね」、世の中、動いていますね!



午前は、党活動、

午後からは宣伝カー、夕方3時半からは、ハンドマイク街頭宣伝。

道行く人の反応が直、伝わります。

街頭宣伝、署名活動では、いつもの3倍近くの署名となり、こちらがびっくりです。

昨日相模大野駅、夕方宣伝、署名では、高校生など若い人が、次々署名、列をなし、用意した署名用紙がなくなって、書いて頂けないくらいの状況だったそうです。

「いいね」、

社会情勢、空気を敏感に感じる若い世代

そう、未来、将来、まさに自分の人生がかかった問題、愛する人、家族の問題、

海外で戦争する、できる日本にしない、

勝手に強引に「解釈改憲するな」

憲法蹂躙、憲法違反、無効だ!

今こそ・・・・

力を合わせましょう。

これからも、いよいよ、現実に自衛隊を送らせない、闘いを!



ん、でも、やっぱ、ちょっと疲れたな・・

「話す」って緊張するし、ちょっと力入るし、時間続いたし、、

夜、会議の前にちょっと、小休憩。

ふかしたさつまいもとトウモロコシと、おばあちゃんのキュウリと、もずくの酢の物と・・・

ん、ちょっと、食べ過ぎ?

「すこしも痩せてないわ」

アナと雪の女王の替え歌が浮かんだりして・・

ま、いいか!

2014/07/02

けやき体育館利用者の駐車場利用料はこれまで通り、無料

市の広報で、市役所周辺駐車場の利用料が8月4日から「有料化」とのお知らせがありました。

共産党市議団として、これまで、議会でなんども取り上げてきたのですが、8月から実施ということです。

この市役所含め、周辺施設そろって、一斉にスタートということが当初予定でしたが、

8月広報で、「けやき会館」の名がないので、管財課に聞きますと、「けやき会館」はこれまで通り、無料、

今回の市の方針は検討はしたけれど、実施しないとのことです。

けやき体育館は障がい者の方々が利用するスポーツレクレーションであったり、ボランティア団体が利用するボランティア活動の拠点です。

ボランティアの方がたは市内全域から集まってきますし、活動時間も2時間を超えることもあり、有料化は影響が大きいと考えられ、私も質問等で取り上げてきました。

市の管理ではなく、まち・みどり公社の所有、管理ですので、その検討結果がどうなるか、注目していたのですが、今回は同調しなかったようです。









の「けやき体育館」

2014/07/01

カレンダーは、後半に

7月1日、12ヶ月の1年のカレンダーは「後半」に入りました。

昨日は10時には就寝。

前日、前々日と2時台までかかっていましたので、さすがに、「お疲れさん」

すっと寝られることは幸せ、すっと起きられることは幸せ





「戦争する国」にさせない、1日1日が勝負。

自分にできること、歴史のうえでの責任を果たすこと、

「人間が人間を殺す」人間が人間でなくなる、沖縄の石川・宮森小学校米軍ジェット機墜落事故の生き残りの方の言葉を思い出します

「戦争は人間を道具にする」

戦争を仕掛け、戦争を命令する、戦争で儲かる連中のために、「いのち」を奪うな、いのちを落とすな



環境まつりで、本川氏の講演での大好きなことば、「生物は続いていくことに価値がある」「多様性の価値」、

何千年、何万年、何億年、延々と繋がってきた「いのち」

戦争絶対反対!