2014/05/29

明日は本会議 提案説明

明日は9時半から本会議です。

議案の研究、一般質問の用意、委員会審査の研究、議会が始まると、やはり緊張します。

明日は本会議前に、全国議長会からの15年議員表彰を受けます。

1999年、初当選から15年ということでの表彰です。

15年、長い長い年月、いろんなことがありました。多くの方との出逢いと別れがありました。

身内のことでも兄が亡くなったり、子どもたちの結婚、孫の誕生など、嬉しいことも悲しいことも次々起きました。

15年、多くの人達のお陰で今日があると思います。

自分自身を叱咤激励しながら1日1日を進んできました。

10年表彰状は私を応援してくれる、私を励まして暮れる人達への表彰状でもあります。



1つの節目として、これからも悔いのないよう、ベスト尽くしていきたいと思います。

2014/05/28

考えないで、寝る!明日が来る。

今日は早朝駅頭宣伝からスタートで、一日、大移動の日。

1日が終わり、帰宅したら、今日お休みのツレが、夕ご飯を作ってくれてた!

8時近くの帰宅なので、お腹もぺこぺこ。すぐに食事が出来る幸せ!

サンキュウ-。



それにしても、いろんな事が次々起きる。私自身にだけでなく、身近な人達のなかでも。

幸も不幸も(不幸というより、試練かも)

今日初めて聞いた悩みごと、昨日初めて聞いた悩みごと。

私の力ではどうにもできない。

聞くだけのことしかできない・・・・。

アドバイスや気の利いたコメントも出来ない。

聞く、聞く。

エンデの「モモ」みたいに。



私は、多くのことが重なって、苦しくなってくるときは、「寝る」

この間は、考えが堂々めぐり、とうとう、3時くらいまでねれない日があったので、

こんな日がつづいてら、たまったものではない、

心と体が「疲れた」時は、「寝る」

考えないで、「寝る」。

明日、「気」が充填されていること、祈って。(祈り、って、あんまり、しっくり来ないけど。信じて、というのも、ちょっと違うし・・・)

明日は街頭宣伝、午後は市議団会議。松永レポート作成。

もう一回、アナと雪の女王を観たいな、もう一回藤野の温泉行きたいな・・・。

2014/05/27

相模原市の保育所待機児は93人?

23日発表で、4月1日現在の保育所待機児は93人 昨年比 39人減 (昨年は132人)

認可保育所 申し込み数は1万435人 (就学前児童の29,2%) 約3人に一人が申し込んだことに。

昨年市は認可保育所の定員を昨年比325人増しましたが、申し込み数は559人増。

市が言うように、定員増やして待機児0目指しても、作れば作るほど、需要を喚起し、申し込み者が増える・・

まさに現時点でもそういう状態

待機児の93人のうち0才~2才が76人、8割を占める。



ここからが?

認可保育所に申し込んで入所できなかった782人のうち、認定保育室に入ったり、自宅待機が689人

待機児93人、としていますが、国の「待機児」概念の基準の689人を差し引いて、93人、という数になるのです。

提供された資料をみると、

「保育所に申し込んでいながら、入所に至らない児童数782人の内訳は



認定保育室利用  295人

  1園のみを希望されている方  134人

  4月1日に育休を取得されている方 23人

  主に自宅で求職活動をされている方 237人

これらの方は「待機児」にカウントされないのです。

認可保育所に申し込んで入所できなかった人、782人が「待機児 93人」と大きくかけ離れた数字となるのです。

知人のお孫さん申し込んでも入れず、育休明けの娘がとうとう仕事を辞めました。

まだまだ、本格的に「待機児0」を目指すなら、保育所を増やすことが求められます。

今後の対策として、認可保育所を7箇所新設、分1箇所増設で、合計 498人の定員増へ。

2014/05/26

Yさん、安らかにお眠り下さい

気になっていたYさん、生活相談で知ったYさん。

先日の市民団体の構成員の中の「亡くなった人」リストに名前があり、絶句!

この団体に加入していたとは知らなかったので。

氏名、職業、住所、間違いなくYさん。

携帯電話が通じなくなり、もしかしたら、と気になり、住所訪ねてみようと思っていた矢先。

もう一度会いたかった!もう一度お話ししたかった!

議員成り立ての頃、生活相談で出会った職人さん。

きまじめな職人さん。

必死で休みなしで働いて、精神障がいの奥さん、自分のお母さんを看取って、今度は自分が病におかされて北里病院に入院

生活保護を受けていなかったので、治療費、入院費が大変と。

いよいよ生活保護という状況になったら、また相談したいと、控え室に訪ねて見えたのが最後となりました。

あんなに頑強な体格をしておられたのに、痩せて、足もすっかり悪くなって、杖をついて、人違いではないかと思うほど、変わられたYさん。



北里病院に入院している時にお見舞いにけば良かった、

と後悔。

さようなら、Yさん。

Yさんの人生、苦労多かったでしょうけれど、

病の奥さん、そしてお母さんを、夫として、子としての責任を果たすために

自分の人生を注いできましたね。

Yさん、幸せだったでしょうか

社会保障が貧困だと、こうして、個人の人生に重くかぶってくるんですね。

社会が、歴史が前進していけるよう、今に生きるものとして、自分にできること、

私も頑張りますね

Yさん、安らかにお眠り下さい。Yさんのこと、忘れません.合掌。

2014/05/25

市民団体、総会等出席

午前は建設関係、午後は学童クラブ総会に出席しました。

本市の学童保育は公立児童クラブ は66ヶ所

3形態あって、①独立施設型  25箇所

②余裕教室型  17箇所

③子どもセンター併設型 24箇所

民間学童保育は19箇所   合計 85箇所です。

旧市は、全小学校にあります。1箇所でなく、2箇所のところも。

85箇所、約4500人が放課後、学童クラブで「生活」しています。



各施設からの報告のなかで、昨年夏、旧市で、学校プールが「監視員確保ができないので」という理由で、

閉鎖、子どもたちが利用できなかったことでどんなに大変だったか、今年は是非、プール再開して欲しいとの声が出されました。

党市議団3月予算会議で、この問題を取り上げ、今年の学校プール、閉鎖の方針撤回、監視員確保し再開したい、の答弁を頂いていますので、是非とも実施して欲しいと思います、

総会、報告、資料の中で、「公営施設の育成料の5300円、の根拠がない」市は「別会議」を立ち上げて育成料や指導員処遇費など補助金の在り方を検討するべきとの意見が子ども会議から上がったそうです。

この「育成料」、以前は無料、おやつ代だけであったものが、

2000年 3000円(プラス、おやつ代)

2001年 4000円

2002年 4700円

2006年 5300円 (プラスおやつ代 2000円)



保育所のように、兄弟減免がありませんので、複数の学童保育児がいると家計には大変な負担です。

現在待機児は2014年4月時点で、165名。

保育所は緊急対策として待機児ゼロ、が取り組まれていあmすが、今後学童へのニーズもますます高まるのではないかと思います。

「じゃ、歯抜かないでおきましょう」!って嬉しいけど???

虫歯、痛くなかったので通院をストップ、していたら、虫歯が進行。

すこし痛くなってきたし、奥歯だから、大事にしなきゃいけないし・・とおそるおそる、また歯科医院へ。

イケメン先生、「わ、これはもう抜かなきゃだめだ」と。

ショック、

奥歯を抜いたら、どうなるの?

「入れ歯」「差し歯」「インプラント」・・どちらがいいですか?

との質問が。

1週間後、どちらにするか、決めておいてね、って

1週間、悩む。

でも、でも、

抜く?もう痛くないけど、どうしても、抜く?

仮に詰めて、それで、1週間十分なんとかなっているし。・・・と

次ぎの時に、おそるおそる、

「先生、歯、抜かなくていいようにはなりませんか?」と。

イケメン先生、(大きい、大きいマスクしているので、ほとんど顔覆われているから、本当はイケメンなのか、どうか??だけど)エッツ、という顔で

「抜きたくない、という気持ちもわからなくはないので、では、抜かない方向の最善の方法でやってみましょう」と。

 

エッツ、患者の要望、聞き入れてくれるんだ!

「ま、ずっとではないかもしれないけど、このまま仮に詰めておいて、いけるとこまで、いきましょう!」と。

ホットした・・・という感じだけど、なんだか、

すこし不思議な体験でした。

虫歯は自然に完治することはないから、ちゃんと、ちゃんと治療したほうがいいよ、と人様には言うのに自分ではちゃおらんぽら。

痛くないし、なんだか、ずっと同じことしているし・・。と

中休みした自分が悪いけどね。

2014/05/24

いいね、「全国ご当地エネルギー協会」発足

毎日、いろんな驚きが次々。

本日赤旗、14面。

全国の地域自然エネルギー発電に取り組む団体が「協会」を発足の記事。

設立総会の様子、にこにこ顔の老若男女メンバー。代表幹事は福島県の小水力発電を計画する佐藤さん。

「原発事故で痛切に感じたのは、地域の自立には水と食料に加えエネルギーが欠かせないこと。」

(・・このフレーズ、先日読み終えた「里山資本主義」の中でばっちり、強調されていたこと!)

自然エネルギー財団の大野輝之氏のあいさつー「3,11後に省エネ・新エネで原発12基分のエネルギーが生まれたことに確信を持ちたい」。

うん、うん。

今後の取り組みとして、

情報交換の他、新たに事業を立ち上げる団体の支援、自然エネの普及の障害になる政策、制度の改善提言、「ご当地エネルギー」の認証制度などなど、だそうです。



エネルギーと、水と、食料ーを地域で、ご当地で。

かつて、「ご当地」で調達できたもの。

スローライフ、地域経済循環、新鮮な風がふきぬける

2014/05/23

エツ!、「離島配備 奄美は有力候補地の1つ」!

今日の赤旗。

2面 「ニュースラインアップ」コーナーに、

「離島配備 奄美は有力候補地の1つ」の文字が!

な、な、なんなんだ!

「陸上自衛隊配備の有力な候補地の1つ」と防衛副大臣が「意向を示した」と。奄美市長を表敬訪問し、た後の記者会見で発言したよう。記事によりますと、昨年12月の防衛大綱で、南西諸島への攻撃に対し、「侵攻阻止に必要な部隊を速やかに機動展開」すると。

初動部隊の配備先が「奄美」だ?!

防衛省は今後、石垣、宮古島にの地元首長の意向聴取の考え、と・・・・・・!!

奄美大島は山田洋二監督のお気に入り。

寅さんのロケも2回?行われたよう。確か最終回も。

自然世界遺産登録目指して地元が奮闘している最中だと思いますが、「自衛隊」?!

「侵攻」?

きな臭い、きな臭い、

戦争、戦争への道

我が故郷が自衛隊訓練地?

今住んでいる相模原はコンピューターシュミレーションセンター、で日常的訓練中?

まさか、まさか、で油断していると、気がついたときは、「ものがえいえない!」にならないように。

6月会議へ 議会運営委員会

議運が終わり、団会議が終わり、5時から大急ぎで、さがみ水墨・日本画協会展が行われている、市民ギャラリ-へ。ご案内をいただき、短時間ではありましたが、鑑賞しました。

日本画の戸田みどり氏、水墨画の田澤伯堂氏、会員の皆様の絵、しばらく足が止まります。

戸田氏のあの水の透明感、空気、光、静けさを感じます。

6月7日には、相模湖交流センターで成田禎介氏、戸田みどり氏、田澤氏の展覧会。

3氏ともファンです。是非すこしでも時間作って観たいと思います。

写真は今日の絵です。もちろん、きちんと承諾を得ています。



本日から6月会議へ。

議運に議案提案があり、議事日程の確認、一般質問順番等、協議しました。

環境影響評価条例、千木良学童クラブ設置条例、など、注目していた議案が提案されてきました。

子ども、子育て新制度に関する条例は9月会議のようで、6月会議では民生常任委員委員会の部会で説明があるようです。

2014/05/22

本市の人口と世帯 5月

情報政策課統計班 よりの情報提供です。

人口全市では 722,375人 (前月比 1,197人増)

世帯は、 315,284世帯 (前月比 1、075世帯増)

各区とも、世帯、人口で増加しています

5月は毎年、同じ傾向にあります。

内訳は、

緑区  175,979人(前月比 112人増)(津久井と相模湖は減少、その他の地域は増加)

中央区  269,164人(前月比 672人増)(小山地区と星ヶ丘地域は減少、その他の地域は増加)

南区   277,232人(前月比 413人増)(相武台地区は減少、その他は増加)

二つの画期的判決が

今日の新聞みて、「ワオー」の記事が。

一つは、関西電力大飯原発3,4号機の運転差し止めを命じる判決

二つは、横浜地裁の厚木基地第4次爆音訴訟判決

それぞれ、判決文が載っています。大飯原

発の判決文の中の、「人格権」という言葉が確か3カ所でてきますが、憲法規定から、こうして、具体的に判決がだされてくる裁判、感動です。

「求められる安全性」の部分で、「原発発の稼働は法的には電気を生み出す一手段である経済活動の自由に属し、憲法上は人格権の中核部分よりも劣位に置かれるべきだ」

「具体的危険性が万が一でも あれば、差し止めが認められるのは当然だ」

「具体的危険性が万が一でもあるかが、判断の対象とされるべきで、福島原発事故後に、この判断を避けることは裁判所に課された最も重要な責務を放棄するのに等しい」

昨年、新潟市で、自治体学校があり、その時、福島原発事故の東電の責任を問う裁判をしている方の発言があり、印象に残っていましたが、今後、各地で、原発に関わる裁判への励ましにもなると思います。

世の中、捨てたもんじゃない!

議会役職、委員会所属等が決まりました。

本日、7臨時会議で、議会内新体制が決定しました。

この間、議会運営委員会で調整してきたものですが、ここで決定となりました。



党市議団は、昨年度と同じ配置です。



常任委員会

総務常任委員会  藤井 克彦(副委員長)
民生常任委員会  松永千賀子
建設常任委員会  竹腰 早苗

特別委員会

基地対策特別委員会       竹腰 早苗
交通問題対策特別委員会     藤井 克彦
水源地域対策特別委員会     松永千賀子(副委員長)
広域交流拠点に関する特別委員会 松永千賀子
大都市問題に関する特別委員会  藤井 克彦
議会基本条例に関する特別委員会 藤井 克彦

議会運営委員会         松永千賀子



党議員団は残念ですが、現在3名 5つの常任委員会がありますが、2委員会には議員を送れずに空白。

防災特別委員会も空白です。

市政全般にわたって、委員会等で、チェックし、意見を述べる事ができませんが、

代表質問や一般質問等で、声を上げてまいります。

これからも、頑張ります。

2014/05/21

本市で初めての「自立支援ホーム」開設へ

本日午前10時より、宮下本町、境川近くに、「15才から20才まで」の青年の「自立支援ホーム」が開設となりました。ご案内を頂き、出席させていただきました。

名称は「オリーブ」。NPO法人スカーラが開設。相模原市児童自立生活援助事業(第二種社会福祉事業)

養護施設入所児は中学卒業と同時に退所せざるを得ず、「自立」が迫られますが、「自立」のスキルが十分でなかったり、就労や悩みなどの相談にきめ細かく寄 り添ってもらう環境から遠のき、社会にでてからの困難に挫折したり、学歴等での格差のなかで、生きていくことになる現実があります。

困難に際したとき、励ましを受けながら、社会的自立にむけた「家庭的環境」として、「自立支援ホーム」女性6名定員の施設です。これまでは県の施設にお願いしていたようですが、市内の青年のニーズに市内で応えることができるようになったのです。

開所式には行政、児童相談所、若者サポートステーションセンター等の関係者やスタッフなどが参席し、その後の懇談では、子ども、青年の成長発達に関わる方々との交流はとても印象深いものとなりました。

特に、ホーム長のお話しは、現代社会の中での青年の貧困、家庭環境の中での、子供、青年の育ちの上での困難、貧困と格差が自己肯定感や、困難を乗り越える上での力のよりどころとして、ホームを立ち上げたことなど、感動的な内容でした。

人間社会の中で起きる、痛ましい事件や社会構造、その中にあっても、「良心」「愛」「福祉」で支え合うことの大事さを改めて感じました。

2014/05/19

「人間の究極の幸せは」

本を読んだり、映画や人の話を聞いたり、ネットなどから、心に飛び込んだ言葉、メモしておくのですが、

「人間の究極の幸せは」、障害者の方を高比率で採用、黒字経営をしているチョーク会社の紹介の本の中に、ありました。

人間の究極の幸せは、

1つ、愛されること

2つ、ほめられること

3つ、人の役にたつこと

4つ、人に必要とされること

2つめ以降の幸せは、「労働のなかから」得られること、と。

人が労働することのなかから喜び、幸せを感じらると・・・憲法でも、働くことは「権利」ですものね。

日本国憲法第3章 国民の権利及び義務

第27条 「勤労の権利義務、勤労条件の基準、児童酷使の禁止」

の1項、「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う」

「働く」ことのなかに、

「幸せ」と「喜び」を!

労働環境、雇用環境を「人間の幸福追求権」とともに、向上させること!



昨日は箱根湯本、市民団体の懇親会の場に議員団として出席させていただいたのですが、早めに行って、

駅近くホテルの「日帰り温泉」に入ってきました。

初めて、一人での箱根の「温泉」へ。

露天風呂は緑の木々に追われたなかになり、お客が混んででもいなかったので、のんびり、ゆっくり。

そしてこの間緊張がつづいてきて、肩こりがひどかったので、10分200円のマッサージ機で、マッサージなるもの初めての経験も。

そして宴席。

せっかくですので、カラオケも1曲。声がかかっているのにお断りでは。。。ね。

さて、今日も議運です。

ま、鋭気も養ったし。

ゴー。

2014/05/17

年、とったのかな・・・

花は花は、花は咲く



政治情勢、国際情勢、市内情勢等々、日々刻々、いろんな事が起き、自分に求められること、せいいっぱい、やり遂げるのですが、すぐに解決しないこと、まだ力足らずで「宿題」になること、・・・いろいろあるのです。

公私ともに・・・。

が、1日が終わると、なんとなく、感謝の気持ち。

ああ、終わった! と。

1日、頑張ったね、と。

こころの解決つかずに、ぐずぐずの部分があっても、今日は終わる。1日が閉じる。

明日はまた明日、始まる。

健康で、(まだ、咳残っているけど、だいぶ楽になってきたし・・・)

いられて、また、明日の1日に向き合えることへの感謝の気持ちがじわーっつと。

この感情って、きっと、「年とったから」。

美味しいもの頂くとき、「幸せ」と小さな感謝。

綺麗な花を見れたた、「幸せ」と。

人と人との繋がりも永遠なものはなく、

一瞬、一瞬であること、

今日の次ぎに明日があることは、ちっとも当たり前ではなく、「感謝」であること・・・。

やっぱり、きっと年とったんだろうな・・・・と。

若い時は、こんなこころ持ちではなかったし。

今日の次ぎに明日は必ず、来るし、なんの疑いもないし。

ま、「ありのまま」に。



アナと雪の女王。

ユーチューブで、聞く。

この頃は1日1回以上は、ちょっことでも聞く

特に好きなのは、「雪だるま作ろう!」。

アナがエルサに向かって、一所懸命歌う場面。

特に、鍵穴から口とんがらかせて、歌う場面なんて、可愛くて、可愛くて。

「いいね」「いいね」、百回!。



今日は午前中は後援会活動

午後は戸塚での会議。

明日は大和での「ピースフェアー」

夜6時からの箱根湯本での市民団体の懇親会参加。

ロマンスカー、久々に乗ります。

これも、「小さな幸せ」!

現在読み進めているのは、「里山資本主義」「新市町村議会の常識」「リニア新幹線巨大プロジェックトの真実」

2014/05/16

リニア、国会での議論

参議院国土交通委員会で、リニア評価書に関する議論がされています。

辰巳孝太郎議員が質問していますが、この間、リニア環境影響評価準備書が提出され、各知事からの厳しい意見書提出、それに対し、1ヶ月弱で、評価書が出さ れたことに対し、まず、短期間で提出された評価書はこれまで出されていた、環境への懸念を払拭したと考えているのか、」との質問には、評価法に基づいて知 事の意見がどのように反映されているか、精査しているところ」との回答で、現時点での明確な評価が示されていません。

辰巳議員も特に大きな問題として、残土問題をまた、取り上げています。

前回3月13日の委員会では、残土置き場所候補地が示されているのは、全体面積の約6%であったものが、今回の評価書では22%、盛り込まれている、と。 ということは、78%は示されていない、ということ。

「残土の行き先が大半決まっていないのに、突っ走るべきではない」との指摘に対しては、

大田国務大臣、「そういう表現はあたらない」と。

!!!!

辰巳議員は、「JR東海は自治体や住民の声を聞く姿勢がみられない、このような事業に国土交通省が着工のお済付きを与えてはいけない、と主張しています。

環境省、国土交通省、今後、国会での議論が注目されます。

10年間で200兆円、国土強靭化法のもと、大きな土木工事がすすもうとしていますが、リニアでも税金軽減が始まっています。

2014/05/15

議会運営委員会

今日から議会人事を決める、議会運営委員会が始まりました。

22日臨時会議に決定されるのですが、会派間調整を行うのです。

昨年10月頃から日本共産党相模原市議団では、私が議会運営委員です。

党派間の思惑が最も鮮明に出てくる分野で、

戦闘?性、必要なんですが・・・・・・

市民の皆様から送り出されていることを意識しながら、議会の中で、議会全体の向上のために、必要と思うところ、また、わが会派の要求をしっかり、主張していくことになります。

明日も9時半から議運です。



夜自宅にかかってきた生活相談の電話・・・。

長い、おつきあいのある方ですが、深刻な相談そのものの話しが終わって、

「ところで、‥昨日東京での「すもう」観にいってなかった? 」と聞いてくるのです!

「すもう」?

私が?

とんでも、とんでもございません。

すもうの趣味はありません。

テレビで私にそっくりの人が真ん前で見ていたので、松永さんだーーー、と思って、もう他の人にも話したよ!

ですって!

中年、小太り、まん丸お顔、これって、良くいるタイプだから・・・。

わ、お相撲、真ん前で見る松永さん・・・・

この情報が一人歩きしたりしないでしょうね・・・。

っていうか、確かめもしないで、とっとこ、こんな情報、周りに話す?

ん。世の中いろんな人いるもんだ・

2014/05/14

戦争への道は、絶対だめ。 

早朝駅頭宣伝は、集団的自衛権のことについて。

配布宣伝物は「松永レポート 5月号」

テレビ、新聞等のマスコミでは、中国、ベトナム、、アジアでの軍事的緊張状態のことが次々と報道され、いまにも戦争になってしまうのでは、との不安が高まる・・・・ような感じ。

どんなことがあっても戦争突入、ということになりませんように・・・。



戦争の被害、課題の話しは先人達から、直接聞いたり、書籍や映画、演劇等で見聞きしています。

直接の体験はないのですが、人間性を奪う、「けだもの」になってしまう、戦争だけ、二度と繰り返してはならない、戦後生まれの責任・・・・。

身近な人から直接聞く戦争体験は耳を覆いたくなるような、悲惨な体験。

それでも、心に封印しながら、「生きてきた」。

空襲で直撃弾に当たり、見るもおぞましい姿の恋人を放って、逃げた自分・・・

あの時の光景、封印しているけど、心の痛みと苦しみに襲われるときがあること・・。

そんな過去を背負っていたなんて・・・。

二度三度と語ってくれることはなかったのですが、一生、自分の心になかで傷となっているのだろうな・・・。と。



戦争で血を流す、命を落とすのは、双方の「庶民」。

双方の戦争指令、命令をする側は、「言葉」で、命令するだけ。

絶対に絶対に戦争は繰り返してはならない・・・・・

はまってしまってます。「ありのままの・・・」

 この写真、視察先の市役所前のつげの木で、変わっていて、楽しくて、気にいって、「松永レポート」のイラスト代わりにちょこんと入れ込んだのですが、「政務調査費」とは関係ない、とカット!

ああ、そうですか、と「素直に」「了解」しましたけどね。!!したけどね..



3Dの「アナと雪の女王」、3日に、ツレと観にいったのですが、すっかりはまってしまいました。

毎日、PC、ユーチューブの音楽、歌を聴いてしまいます。

「ありのままの自分になるの」

このフレーズの衝撃!魅力、強さ!

自分を殺さない、隠さない、自分を活かして、輝いて生きる!

そう、そう、「自己肯定感」。

どんなに、「素敵なこと」か!

歌、まだ、空では歌えません。

イントロから、しっかり入り込めます

松たか子さんは、山田洋二監督の「小さなお家」でも、印象的な役割、演技をされていて、ファンになりましたが、こんなに素敵な歌声、歌の出来る方だったなんて!

ますます、「いいね」です。

1日いろんなことがあって、心穏やかでないときも、この歌に入り込んで、調整!

明日は明日の風邪(本当は「風」なんですが、今、「風邪」治りきれていないので!、このまま、いこう!)が吹く!

一番好きなフレーズに戻れる。

1日、ご苦労様!

今日無くした議員バッジが、今日見つかりました!(幸せ!)

エヘン虫にやられて、こんこんしたら、庁内清掃の叔母さんが、「どうぞ、」とにっき飴を1個下さいました。(自分用の1個だったのに、私に下さいました。幸せ!)

病気の孫が、元気になりました!(幸せ)

それにしても、「ありのままに」生きるって、どんな感じだろうか!

2014/05/13

人生の深さと生きる強さ

午前中、控え室に見えた初老の男性。

現役中は一定の仕事、きちんとやり遂げ、年金と企業年金ありの年金生活者へ。

何事もなければ、そのまま、苦労が報われるゆとりの隠居生活へ

ところが、年金基金運用団体が詐欺的に年金運用し、破綻へ。

企業年金が思ってもみない少額年金に。

想定外の「不幸」が次々に。

いまは、一定の社会的役割を果たしながら、ボランティアや自分の趣味をエンジョイしながらも、想定外の年金生活では、生活が苦しい事態に。

市営住宅に申し込むとしても、「住宅困窮度」という点では、倍率の高さから言っても、当選可能性は低いと思われます。

県営住宅も募集中ですので、こちらも紹介。

しかし、住宅は、簡単に即解決とはならない。



真面目に努めてきた人生の現局面の困難さ、

まさかの年金の思わぬ減額。



穏やかなほほえみを絶やさず、静かにお話しする方に、降りかかった困難に直面して、ゆがまずに生きていく、強さ、品性の輝き、印象に残りました。

2014/05/12

不服審査請求。母の日

午前、生活保護3年間で10%削減に対する不服審査請求書提出に参加しました。



全国的な運動として昨年も、そして今年も各地で起きている行政処分不服審査請求です。



年金削減に対しての年金者の運動もありますが、生活保護制度も各負担軽減制度の基準となってきることから考えれば、きわめて大きな影響をもつもので、全国民的な意味合いをもつものです。



捕捉率2割の日本において、こうして当事者の方々が声を上げることの意義は大きいと考えます。



一人一人が流れをつくる!



母の日に頂いたお花.。(いつも、お花をリクエスト、するからなんだけど)

サボテン系のお花がいい、と要望したら、ぴったしかんかんのお花を贈ってくれました。

カーネーションは次ぎの年も咲かせるのは、難しいし、高いし。

放っておいても、自分で咲く、生命力の強い花がいい、と希望したのです。

このお花、小さな花びら、可愛いし、ちまっと集合しているし、長持ちするし、来年もちゃんと咲くし・・

「いいね」だね。るんるん・・・

もち、わたしも、母に、プレゼントしました!

私は、私の母のように、子どもたちに、ちゃんと「母」してきたかしら。。。と。

でも生まれたばkりの赤ちゃん抱いたとき、世界中があなたを見捨てても、私はずっとあなたを愛し続ける、守り続ける、というような思いに満たされたあの幸福感、・・・

子どもたちに子育ての喜びを運んでくれただけでも、もう親孝行なのに、こうして贈り物頂いて悪いね!

ありがとうね!

2014/05/11

前進座、観劇。七変化、イルージョン、スゴッツ!

日本共産党、南関東ブロック主催、前進座「お染 七役」の観劇に参加しました。

江戸時代、丁稚の末松とお嬢様のお染さんの許されない純愛、今日のお芝居では、二人が最後には結ばれる、「愛でたし、愛でたし」で終わりましたが、実話では、心中したようです。(パンフによりますと)

早変わり、単純に楽しめるのですが、目をこらしてみても、似たような感じの人で、同じようにおしろい真っ白なので、誰が誰に変わったのか、実は実は、正直、わかりにくい。

前進座歌舞伎は、これまでほとんど参加させて頂いていますが、人情もの、勧善懲悪なの、基本ストーリーはそんなには複雑ではないので、イヤホンで解説なし で、楽しんできましたが、今回は、650円のイヤホン借りて、説明聞けば、もっともっと、ストリー展開や、七変化のすごさ、楽しめたかも、



でもでも、すれ違いざまの早変わりや、かごを縛ってあるのに、ぱっと、外から、早変わりして登場とか、ほとんど、手品的。

かごの下の地下から舞台登場となるようですが、むむ。この早変わり、

役者さんや裏方さん、プロのすごさ、集団のちから!

歌舞伎、年に1度味わう、「非日常」の世界。

体調がいまいちで、せきが出そうになるのをおさえようと気使ったりで、少々お疲れさんでした。

2014/05/10

平和行進、相模原へ。一歩でも2歩でもご一緒に。

通し行進者を迎えて、相模原平和行進、今年もやってきました。

午前8時45分JR相模原駅集合、集会  97才の市内被爆者の方も参加、5名(?)参加の被爆者

の皆さん先頭に、ゆるりゆるりの平和行進。

ウエルネス広場では、渉外部長に要請書を手渡し。被爆が二度と再び起きる事のない、世界、社会をめざそうと。

写真が鮮明でないのはちと残念ですが、こうして毎年、営々と、運動を継続できる力、大事なことだと思います。



体調が万全でなく、(昨日は午後9時には、就寝、朝5時半まで、ぐっすり、というか、ぐったり)。

今、長い間放置していた虫歯、とうとう、「抜かなくてはなりません」と医者に・・。



体調が悪い、万全ではない、というのは、なんとも、前向きの気持ちが出て来ないものです。

「気力」がどんなに大事か、と思うのですが、

「気力」って、待っていてもやってこない!



でも、こうして、たまに、不調になってみると、

自分の体調や心持ちの変化、わかるものだな・・・。と。

さて、午前、平和行進、午後、小山公民館で、「議会報告会」、夜、リニア問題学習会。

む、ちと、ハード。

「ありのままに・・ありのままに・・・」このフレーズと映画のあのシーン、すぐよみがえってくる。

2014/05/07

とことん、休眠状態に

5月4日から、休眠状態に・・・・・

風邪が長引いているのか、せきが続く。

今日は動こうと思ったのですが、朝宣伝終えたら、ぐったり気分。

市民との関係で最低限やるるべきことやって、あとは、じっと。

家の中でも最低限のことだけ、、

じっと、寝る、眠れる、、、

大丈夫かな、と思うほど眠れる・・・

あー、私、疲れていたんだな・・・・と自然に任せてじっと。

食欲落ちないのが、「問題!」

自分の中の「治癒力」を信じて。

2014/05/04

憲法記念日宣伝、忙中閑あり

5月3日は、憲法記念日。

午前中は生活相談、午後から、宣伝カーで。

日本国憲法がユネスコのノーベル平和賞の候補になるなど、世界的にも、価値が認められ、注目されている、宝である、日本国憲法を守り、活かしていこう、と。

2時間ほどの宣伝行動でしたが、その間に、上溝の造園やさんの、「見事な藤棚」へ。

昨年も遭遇して、心に残っていて、そうだ、今日、「会いたいな」・・・。と。

「いた、いた」。

見事見事。今が真っ盛り。(今年は鯉のぼりも見事に泳いでいる)

失礼して、写真撮影。

花や自然は偉いな。

ありがとう、ありがとう。会えて良かった!

しばし、花見。

そして、宮下本町では、あの2月の豪雪で2億円近い被害となった、ビニールハウスを。

まだ、手つかず。

痛々しい倒壊のまま。支柱鉄骨まで、崩壊状態

今年の作付けは厳しいかも。

大島のトマト農家のガラスのハウスの被害も大変で、資金がおりてくるのが、遅い、。

農作物は、時期があるから、補助金が遅いと、事前に借金せざるを得ない、と。

迅速な投入はできないものか。



宣伝が終わり、帰宅すると、体の節々が痛い、

寒気がする。

久々の風邪か?

ご飯もつくれず、早々に就寝。

今日は、午前の予定をキャンセル。

体調回復のため、じっとしています。

2014/05/02

奄美の同窓会

これ、私ではありませんから。(似ているけど。

言われてみると、ちょっと似てる?)

後援会旅行で行った、福島県(確か)の「笑う少女」だから。





同窓会のお知らせがきました。

奄美大島には、中学3年生1学期まで住んでいて、中学3年2学期から横浜市港北区に転入し、転校生となったのです。

高校、大学、社会人、結婚、子育て・・・・人生歩んできて、

小学校、中学校の同窓会の連絡のお手紙に、しみじみと・・・思いがひろがります。

すっかりおばさんになったけど、同窓会の名簿みると、子どもの頃に戻ってしまう。

42才の時の同窓会には出席できなかったので、今度の8月の同窓会には、「行こう!」

先生たちも出席するようですし、中学2年生以来の人もいるし・・・・

どきどきもの。わくわくもの。

でも、ちょっと、待って。

すこし(?)、ダイエットしないと、完全に人違いされる!かも!。

小中学生の時って、それはそれは、ほっそりとしていたんだから。

髪など、すんなり、長い髪していたし・・・。

完全に笑われるな・・・みんなに・・・まずい!

 

8月12日、万難排して、出席しよう!

1年1年、歳をとっていくから・・・・・

会いたい人、行きたい場所・大事なこと、ちゃんと実行しよう

 

行こう!同窓会。

残された時間は、もう少ないから・・・。