2014/03/25

上溝学校給食センター、内覧会

本日1時半より、上溝学校給食センター内覧会があり、施設内を説明、見学させて頂きました。

写真もOKといことでしたので、たくさん撮ったのですが、このHPプログにうまく取り込めないので、今度、出来るようにしますが。

清新学校給食センターが老朽化(どうも、40年くらい経過)に対応し、新設されたもので、

工事費約12億8700万円。

この4月1日からオープンで、共和小、大野台小、並木小、清新小(給食室の改築するため)を受け持つそうです。

約2700食をつくるので、おかずの大釜、ご飯炊きなどは、すごい、20分かけてゆっくり、ろーらーで動きながら、たきあがり、むらし、かき混ぜ、等美味しく、しあがるように行程が流れていく。

初のアレルギー対応の分離した別の部屋で、小さなお鍋などを使った、コンロは4台、対応するのは栄養士と調理の人2名体制で、20人~30人程度を予定してスタートさせたいとのことです。

2回にはアレルギーに関する調理や扱いなどの研修、講習会議室もありました。

また、2階から、調理現場を視察見学出来るようになっています。

各部屋は最新の設備機器でドライ方式、Pcコントロール対応、今日試し調理、28日に式典、実際に参加者に調子試食もあるようです。

おかず冷却装置、コンテナごと、洗浄、感想する大型食器庫とか、ぴっか、ぴっかの施設内を丁寧に説明して案内していただきました。

衛生面が厳格に管理されなければならない施設なので、給食がスタートすると簡単には内部視察はできないでしょうから、今日は、超慌ただしい日程のなかでしたが、、参加できて良かったです。