2014/03/20

 松永質問、神奈川新聞記事に(3/20)

一般質問3日間が終わりました。

花粉症の薬をのんでいるせいか、猛烈に睡魔に襲われました。

24日月曜日が最終日、各委員長報告、討論、採決となります。

24日には、農政関連雪害に対する補正予算も提案、採決があります。

21日には、お彼岸、お墓参りに横浜に行ってきます

22日は党活動

23日はキャンプ座間行動

この間、続けざまに、同志が亡くなり、通夜告別式に参加できなかったので、訪問してきました。いろんな場面で一緒に行動してきた方です。

人の命は尽きる時が来ること、悔やんでも、人知では止める事は出来ない

安らかに、残された人の心残りの念は時間が来なければ、薄まることはない・・・

合掌。



さて、、私の一般質問が神奈川新聞の記事になりました。

いい答弁を頂いたわけではないのですが、地下水、水資源問題に関する部分で、

本市も静岡のように、是非第三者機関を設置し、環境に関する監視検証を、との質問に、その考えはないよ、との残念な答弁でしたが、そのことが記事になったのです。

記事タイトルは「環境監視組織設置せず」‥議会で市幹部答弁

静岡県環境影響評価審査会の答申で、監視の必要性を強調、知事は「環境監視体制を構築し、JR東海に参加してもらう、」と積極的な姿勢を示している、と紹介。

党議員の質問関係が新聞に載ることは滅多にはないのですが、いい答弁をあればよかったのですが、監視機関、検証期間の必要性を問うたこと、それに「対する「現時点での」市の考えをここで、はっきりさせることができました。

おそらく25日に神奈川県知事意見書が出されますし、JTR東海の評価書もでてきます。

それぞれの時点にむけ、議論を重ねていきたいと思います。

静岡は6月にエコパークに指定がされるかどうか、リニアが阻害になっていないか、どうか、どんな結果になるか、予断はゆるしません。注視していきたいと思います。