2013/12/21

未来社会で、一番大事なこと、志位委員長、「自由」と。

今日は日本共産党員として生きていくこと、人生を重ねていくことについて、誇りとか、確信とか、感じることが出来る会議に参加すつことができたこと、本当に嬉しいことでした。

 

1月15日の中央委員会 党大会に向けて、各地区委員会、県委員会、、討論を重ねていきます。

各発言者の内容は豊かで、笑いあり、感動あり、引き込まれるものでした。

特に20代、30代の青年のそれぞれの分野での発言に未来を感じますが、まだまだ、少数ですから、世代継承問題は緊急重要課題です。

先日の後援会の餅つき大会の時には、若い人達が大勢参加してくれるという例年にはなかった光景に驚くやら、感動するやらでした。

時代が動いていることを感じます。

私達は、歴史のバトンランナー、ちゃんと、次にバトンを渡していく責任、今に生きている責任がありますから、これもこつこつとやらなければ・・・。!

20数名の方の発言のなかで、一番印象に残ったのは、志位委員長が若い人達との学習会?討論会?の場で、「未来社会で一番大事だと考えているのは何か」との質問に対し、「自由」、答えた、と。

質問した青年は、もし、志位さんが、「平等」と答えたら、入党する気にはならなかった、「自由」と答えたので、入党を決意した・・・・・確か、こんなくだりがありました。

私も大好きな言葉が、「自由と独立ほど尊いものはない」(ホーチミン)

「自由」、今の世界、日本は「誰もが自由」ではない!

誰もが「自由で、全面発達」できてこそ。

未来社会に向かって。

明けない夜はない

121214_0614

相模原駅からの夜明け