2013/10/30

あっと、いう間の1日

早朝駅頭宣伝はみなが体調を心配してくれて、私は「お休み」。

昨日も半日、よく、寝れたこと。こんなに昼寝ると、夜、寝れられるかな、と思ったのですが、ぐっすり。

「眠れる」ということはつくづく、幸せなことだと思う。

今日の午前中は市渉外課と市民団体との懇談会に同席。

基地を巡る状況、多方面について、率直に意見交換。

お昼は、念のために絶食的に。お薬〔整腸剤)1粒。

党市議団の視察の事務を完了させ、

午後から陽光台へ。

その後大島へ。

お腹はまだ少ししくしくしていましたので、市議会議員恒例の互助会はお休みさせていただきました。

毎年ほぼ参加していたのですが、体調が悪いとき無理してもね・・。

夜、やっと赤旗を読む。

カジノ騒ぎは一体なんなんだ!

「金融資本主義」だの、「TPP」で日本を売り渡そうとするだの。

今度は「カジノ」

正気とは思えない、

まっとうな人がなにかせずにはいられない、空気を感じる世の中にどんどん進もうとしている。

赤旗では連日「秘密保護法」について、報じている。

9面の「論壇時評」は面白い。

小泉元首相や、田中秀征元経済企画長官の「堂々たる」「発言」の紹介も。

阿部首相の暴走が今後、「自民党がもぬけの殻になるぐらいの事態も予想される」と田中氏が言ったとか・・・・。



む。

時代はこくこくと動く。

それにしても簡単に赤旗増えないのよね。戦前に戻りかねない「情報隠し」「情報操作」にしないように。

国民に必要な真実を伝える赤旗、

多くの人に読んで欲しい。



今日も携帯につぎつぎと電話。

①軽度発達の子どもさんを育てているお母さん。

時々、日々感じたことを話してくれる。

②生活相談に乗った男性。

メンタル面の心配もあった方、話しを聞いて欲しいとのことで、明日時間を設定

③携帯留守電には抗がんの福作用に苦しんでいる方が話しをしたい、電話を欲しいと。

④「先生にお会いしたい、電話下さい」との女性のかた。

議会中にも電話があった方だったので、電話をすると、宗教勧誘。

日本共産党は党員にも宗教の自由がありますので、キリスト教信者の党員もいますし、元国会議員で党の副委員長だった小笠原貞子さんもクリスチャン〔確か)

ですが、私は、きっぱりその宗教勧誘的なお話しを聞くことについてお断りしました。

前にもこの宗派が近づいてきて、てっきり生活相談だと思ったので、党事務所で聞いたことがあるのですが、宗教勧誘の話しと判った時点で、おことわりしたのですが、論争を仕掛けてくる。

その宗教そのものをどうこう言うつもりは毛頭ありません。

私は全く、勧誘に乗らないし、宗教と判った時点で、「時間」をさく、つもりはない、と。

するとこういう方々は「脅す」んですね。女性なのに。言葉はやんわりでも。

こういうことが前にありましたので、今回も、きっぱり時間を設定し、話しを聞くことはないときっぱりお断りすると、案の上、脅し的なすてぜりふ。

前の経験があるので、驚きませんでしたが、

世の中には、何を支えに生きていくか、いろんな人達がいます。