2013/08/29

こんなことってあるのね、パートⅢ(たしか)

人生はすごい!面白い!

災い転じて幸となす、タイミング、縁って味わい深いな・・・と



今日は午前にスーパー前宣伝。

ところが、車にハンドマイクがない!

しょうが無い、みんなと一緒に、ビラをお話しながら配るのみ。

始めてのパターン



それはそれで、じっくりお話できる!

青年がいる、勇気出して声掛けてみると、

おう!話しがかみ合うではありませんか、

わー。エッツ。選挙の時、松永さん、いれましたよ、

えっつ、淵野辺での小池さんの演説会のとき、いきましたよ、

えっつ、リニア説明会の時、参加し、発言しましたよ、

えっつ、青年よ、

どうしてこんなに、はきはきとかみ合うの?

おばさんは聞く、何歳?どこにお住まいなの?

青年、いやな顔しないで、丁寧ににこやかにさわやかに応えてくれる。

お名前きいたら、これがこれが、びっくり、

会いたかった人だった!

共産党中央委員会に「入党したい」と申し込んできたT青年だった!

全く知らない名前でしたので、

今度きちんとお会いしたい、話したいと思っていた青年にここで、こうして会えるなんて、・・・なんという偶然。

いくつもの偶然が重なり、目の前でこうしてさわやかにお話できるなんて・・。

夕方から再度ゆっくり、お話しましょうと約束、

そしてじっくりお話し、入党を決意していただきました。

人生ドラマです。

私が入党した年と同じごろ。

自分の人生を自分できちんと決断すること、

自分の選択に自分が責任を持つ潔さ。

青年、人生は長い、ゆうゆうと、いきましょうね。



昨日の青年、今日の青年、

1日1日、

こんな事って、あるのね、次々とね、

議会準備と同時にいろんなこと、進行。