2013/05/16

首相、「731」で、被災地視察?

今朝の新聞記事によりますと、12日、宮城県東松山市航空自衛隊松島基地で、曲技飛行チーム「ブルーインパルス」の練習機に

首相が乗ったそうな。

隊長機で、機体番号は機種や製造順できまるそうですが、「731」。

731番号に乗ってニッコリの首相

韓国の報道が1面トップで「歴史挑発」「極右盲動」と報じた、と。

731部隊を詳しく説明し、「韓国、中国など被害国への明らかな挑発行為」と。



若い頃、吐き気を覚えるような731部隊の本(本の名前はもう忘れてしまいましたが)を目をそらさずに読まなければ・・・という思いで読んだ記憶があります。

もう亡くなった知人で南京事件時、三光作戦の様を絵でかき止め、個展を開いた画家から、晩年お話を聞いたことがあります。

戦争は人間を破壊する、人間性を奪い、人間の尊厳を奪う、傷つけるものだ、と。

静かな、品のいいその方からの言葉は重いものがあります。

人間を人間でなくさせる、戦争は絶対だめ、と戦後生まれの私は思いました。



歴史認識は「時代に生きる」ものとして、できる限り「真実」「事実」に掴むための努力が必要になります。

あったことを、それはねつ造だ、なかったことだ、真っ向から違うことを主張する。。。。

まだ100年も経っていない、歴史に関してもこの違い。

そして、国家のトップが堂々と隣国をまるで挑発するかのような言動をこれでもか、これでもか、と繰り返す。

不気味です。

歴史の動きがどう動いていくか、不気味です。



国民の良識が世論をどう作り、選挙にどう反映させていくか、です。

人間の良識に訴えていくしかありません。

戦争体験者がいるうちに。



隣の記事は日本維新の会代表の妄言に対する沖縄、大阪等各地の抗議行動、声明の記事。

あーあ。