2013/05/15

ひどすぎる、「慰安婦」関連妄言

あきれて、ものが言えない、というか、悲しいというか・・・・

妄言を繰り返す政治家。近隣諸国との関係を壊す価値観。

こんな人達が何故「高い支持率」?それが悲しい

(今、支持が下がってきているようですが・・・少しつづ化けの皮がはがれて、その特異な言動が支持されなくなっていくとは思いますが)

相模原市議会などでも、従軍慰安婦問題に対する陳情は反対多数で採択されずに国に意見書をあがることが出来ませんでしたが、「あれはうそだった」だの、「強制の証拠はない」だの、同じような価値観の議員が存在しますが。

他会派が一斉に陳情反対、には驚きました。

従軍慰安婦陳情を出された市民団体は各会派を回り、丁寧な資料を届け、当時軍医だったという方も丁寧な説明をされたようですのに・・・・

「慰安婦制度は必要」だの、「軍と売春はつきもの、歴史の原像」だの、ひどいものです。

さらに、在日海兵隊司令官に「風俗業活用をすすめ」たと、堂々とマスコミに得意げに述べるとは!

こうした政治家をトップにいだき、、そうだ、そうだ、とのたまう政党が「改憲だ改憲だ」と騒ぐ。

今時代は確かに、危険な曲がり角。

嘆いてばかりはいられない。悲しんでばかりはいられない・・・・

歴史を後ろ向きにすすめるか、少しでも前にすすめるか・・・

時代の子である一人一人に問われる・・・。



議会人事の協議の議運が行われていますが、少しづつ動き始めているようです。

フーツ。