2013/05/13

すごいぞ、サボテン。季節と共に

今日から議運。

議会人事を決める議運が始まりました。

各会派の要求がぶつかり合い、協議でひとつひとつ決定していきます。

今年度は会派も増えたので、決めるのには、少々時間がかかりそう



親指先の化膿が治らない・自然治癒力にまかせよう、と4日間がまんの子。

しかし、しかし、なにか、すごい指の色に。

まずい、まずい。このままではまずそう!。皮膚科にSOS。

若い美人のお医者さん、ふ、ふ、ふ、みたいな感じで、お薬を指先に、包帯をくるりくるりと。

手際の良さにおどろきましが、自宅にもどって、しばらくした、ぽろりと包帯がとれてしまったのには、もっと驚いた。

塗り薬と細菌感染症を治療するお薬と胃薬とそれぞれ1錠、1日3回、1週間でまだ良くなってなかったら、再度来て下さいと。



やっぱり、早期治療だな。

すぐにいっていれば、こんなにぐちゃぐちゃにはならずに、1回ではい、終わりのはず。



さて、サボテン

これは小さな、小さな私の癒やしのサボテン。

綺麗な赤い色、ピンクの色がついていた!





これが、今、新緑の季節のは、はい、こんなふう。





緑、みどり、鮮やかな黄緑。ぴかぴか。

ということは、秋には、また赤やピンクになるかも。これは楽しみ!

サボテンさん、光のほうを向くので、時々、いじわるに逆向きに向きを変える。

すると、時間はかかっても、また向きを変える。

植物ですが、反応があり、面白い。



昨日は南関東ブロック、党と後援会の主催、前進座観劇会へ。

三宅坂、国立劇場。大劇場。本格的歌舞伎。

演目は二つ。

元禄忠臣蔵、一本刀土俵入り

花道の近くの席。帰宅は10時近く。

朝はずっと作業していたので、お疲れ様でした!