2013/05/29

お会いできて、嬉しいです

こつこつ訪問活動をしています。昨日は多くの人と会いました。



昨日始めて会った方、松永ちかこですと、挨拶すると、にこっとされて、待ってましたとばかりに話してくれました。

「いつかの選挙の時に自宅のポストに入った、小さなチラシを見て、「この人ならば」とずっと選挙の時は支持してきた。(おそらく、私のパンフレット)

その後、後援会ニュースをずっと目を通してきたが、ポストインする人に会えなかったので、自分のほうから事務所へ訪ねていこうかな、と思ったりしていたところ。

ニュースやチラシは良く読んでいる。支持、共感できる。

今日、会えて嬉しい。」

庭仕事の手を止めて、にこにことお話してくれる!

ありがとうございます!。

感激です!涙がでそうになるくらいに嬉しい!。(名前もばっちり覚えました)

一人一人の期待を背負う

自分の責任の重さを痛感します。

対面してお話を伺うことは、自分の力量や人格が全部さらけ出されることになります。

政治や社会への思い、相談ごと、直接受け止めていくこと、新鮮で緊張です。

新しい出逢いのなかから、自分の立ち位置と責任を再確認できます。



よし!頑張るぞ!

情報提供ー「市の人口と世帯」

5月の「相模原市の人口と世帯」の情報提供がありました。

以下の通りです。

総数 311,106世帯  (前月差し引き世帯数増減  1、160世帯増)

719,933人   (前月差し引き増減    1,331人 増)



人口では昨年よりも多くなりました。

前月は前年よりも少なくなっていたので、驚きましたが、4月と5月での伸び率が高いのが特徴です。地域的にみていきますと、緑区の橋本地区、南区の大野南地区(341人増で最も増加が多かった)

津久井四町はマイナス、(藤野は差し引き0)

世帯数よりも人口が増加しているのも特徴です。

情報提供よりー13年4月1日現在 保育待機児132人

5月23日付け保育科よりの情報提供です。以下の通りです。

13年4月1日現在の待機児数は132人です。



●就学前児童数は前年比減少

●保育入所申し込み者は増加

●本市の保育所定員増は2年間で(11年、12年)で1050人 (目標は830人だったが超えて定員増となった)

●待機児数昨年は244人、本年は132人



●待機児の年齢は0才~2才まで が約83%

*就学前児童数は減少しているが、要保育児童率は年々上昇

●地区別待機児数

緑区 25人  (地区で一番多いのは橋本地区 15人)

中央区 36人  (地区で一番多いのは大野北 7人)

南区  71人  (地区で一番多いのは大野南 31人 2番目に多のは、大野中 13人)

全協(全員協議会)で、「公共施設の保全・利活用基本指針(案)の概要 

明日30日、、「公共施設の保全・利活用基本指針(案)の概要 について、本会議終了後、全員協議会で説明が行われます。

昨年3月に「相模原市公共施設白書」を作成し、その中で明らかになった課題等を踏まえ、検討委員会のなかで検討が進められ指針案がまとまり、議員への説明がなされることになります。議員のレターケースに入ったのは、いつなのか、私が目にしたのは今日です。

明日、全協、読み込む時間が十分にとれません。

市からの説明をまず、聞くことになります。

2013/05/27

議員連盟ー市域を越えて

24日は鳥獣被害等問題関係自治体議員連絡協議会が伊勢原市で開催され、参加。

25日は相模原で、活動

26日は午前、建設関係団体の定期大会出席、午後相模大野での市民団体式典参加、その後学童関係総会参加、夜六時からの箱根湯本での会合への出席。

27日は、午前は集金活動、午後は市民相談、四時からは町田で開かれた小田急多摩線延伸を促進する議員連盟の総会出席。

この議員連盟は町田市、相模原市、厚木市、愛川町、清川村の議員で構成されている。(全員ではないが、自治体による、若干違う)

「市域を越えて」情報交換や学習や関係機関への要請行動、啓発活動など行う。



少し疲れました。少し休まなくちゃ。充電しなくちゃ。

2013/05/25

生活保護と年金、国連からの勧告

今日の赤旗日刊紙、ホーツの記事が。

国連社会権規約委員会の勧告について、年金者組合のコメントが。

「政府は勧告を真摯に受け止め最低保障年金実現を!}と。全日本生活と健康を守る会連合会(全生連)は、「生活保護法改悪案に警鐘を鳴らすもので、法案はすぐに撤回すべきだ」。と。

17日に、国連社会権規約委員会は、日本政府に対し、最低保障年金の実現、生活保護で申請手続き簡素化と申請者の尊厳を守った対応を行うよう勧告した!



すごい!すごいよ、国連!



2001年にも勧告。

「国の年金制度のなかに最低保障年金を導入する」ように求めていると。



そして、国連のこの勧告の国民への周知を求めていると。



国連すごいよ。もう少し、国連の勧告の背景を調べてみようと思います。

2013/05/24

ひらがなしか読めない

昨日は、街頭宣伝を行いました。

この場所は月に一度のスーパー前宣伝です。

議会報告、市政問題、国政問題では憲法、原発、消費税増税、年金問題など・・・・。、

二人の男性が話しかけてきました。

その間はマイク止め、対話です。

初老の男性。

年金掛けてきた期間が不足。10年間くらい足りない。

今から全額収めることできるか?そしたら払い続けてきた15年間分の年金を合わせ、受給できるのか?

市に聞いたら、「ノ-」。

では、収めた自分の年金はどうなる?どうしてくれる?

ひどいではないか!

政治家なんて自分のことしか考えない、

選挙のときはいいこといって、当選すれば、はや、平気で裏切る・・・・

政治批判、政治家批判、

この方のお父さんのところには、金丸信などがぺこぺこ出入りしていた、っていうけど。

年金への怒りすさまじい。

日本共産党の主張、外国の状況など、少しお話し、演説会のご案内を。

「そんなもの、いかないよ」、はい、そうです!



もう一人も男性。

目の前をいったり、きたり。

む。ちょっと警戒

しなばらくして、話しかけてきました。

生活保護への思いをほとばしるように語る。

どうも、自分は生活保護以下の収入しかない、いまは仕事もしていないので、収入なし。

生活保護の人よりも大変な暮らし。

病院にも行けない。

次から次から・・・・・・

生活保護、受けないのは何故? と聞くと

お家があるから。持ち家のよう。

65才以下でリバースモーゲージ制度を活用はできない。

C型肝炎で治療しなければならないのに、お金がない、と。

10分近く話しこんで、では。また。

月に一度、ここに来ます。市役所にも、是非相談に来て下さい、と。

このかた、「漢字が読めない、ひらがなしか読めない」と。

もっと僕のような人にも、いろんなことがわかるように市も工夫してほしい」

50台前半くらいでしょうか

「字が読めない」、このような年齢でこのような訴えは始めて。

何をどうしてあげたらいいか、すぐには答えられない!

宿題をもらったような気持ち



二人の男性。共産党に話かけて来てくれたこと。

嬉しい

もっともっと、すとんと胸におちるような話ができるようになりたい!

よし、がんばろう、と。



午後からは東神奈川での地方議員会議へ。

夜は近所の方の生活相談。

喫茶店で。9時ちかくまで。



盛りだくさんな1日。

「大地のちから」1粒いただいて、はい、ごくろうさん

松本光世氏の「お金いあらずのダイエット」、読破!

あとは実践あるのみ。

よし、今度こそ!

2013/05/23

出会いとSNS

早朝駅頭宣伝。

差し入れのコーヒーとドリンク。

サンキュウーです。

別のいつも挨拶してくれる方が近づいてきて、「先週水曜日は休みだった?コンニャクあげたいと持ってきたのに・・・」(コンニャクです!)と。

そう、先週は金曜日に上溝駅に行っていました。

全県一斉駅党宣伝は金曜日でしたので、相模原駅も金曜日に行い、水曜日はパスでした!

ごめんなさい。でも差し入れのお気持ち、サンキューです。



今日は午前中は宣伝カーで田名方面へ。訪問と宣伝カーでの宣伝。

午後は清新地域の後援会員さん訪問。

6月9日の演説会のご案内を。

とことこと、歩いて、1軒1軒、ピンポンして、お話します。

どきどきです。表情や声の雰囲気で伝わります。

初対面の方たちとの対話が新鮮!たくさんの人と出逢いと対話。双方の「人間性」が全部出てしまいます。



共産党へのご意見、要望が次々と。率直な声が聞けるので、新鮮!

やっぱり、対面するということのほうが、私は合っているな、とつくづく思います。



SNS,フェイスブックを始めたいと思っていましたが、今はどうしようかなと迷いが出ています。

そもそも、「来る者は拒まず、去る者は追わず」のタイプ。

SNS、始めて、いつも「お友達」の「反応」が気になって、しょっちゅう、携帯やpCを見る、気になってしょうがない、などという

のは、性に合いません。

時代に贈れている感覚なんだろうと思います。

「お友達」か・・・・

「お友達100人」出来なくてもいいや。なんて。

真に心許せる人が一人いればいいや、なんて。

そんなタイプだし。



SNS、FB、ウーム。

すぐに飛びつ付けないのは、なにか、ひっかかるものがある。

SNS,もう一度考え直そう。

「お友達」少なくても、私平気そう。

自分が本当に好きなもの、好きな人、しっかり大事にしていきたいから。

好きな人、話したい人としっかり、対面して話すための努力は最大限しているし・・・・。



「想定外」?、それはないでしょう!

自信満々の黒田日銀総裁

新聞記事で、「市場の混乱認める」と。

長期金利が急上昇していることについてのコメントが。

住宅ローンなど家計や企業に影響がじわりとひろがり始めていると。

4月4日、過去最大の金融緩和、民間銀行から国債を買い、今後2年間でこれまでの2倍のお金を市場に流す、と。

5月22日、金融政策決定会合でこの緩和策を全員一致で決定。

今、短期間の中で起きている長期金利の急上昇。

指標である、「満期10年の国債」の流通利回りは

緩和前 年0,5% が 5月15日に0,920%へ(一時)



日銀のねらいとは逆の方向だ。」

さらに、

黒田総裁は22日「実態経済にお大きな影響を及ぼすとはみていない」とか、「長期金利を完全にコントロールできるものではない」と語ったと。



福島原発事故は「想定外」と。地震、津波の想定規模を越えるものだだったと。あの頃さかんにこの言葉が踊った。

「想定外」!

この経済金融政策、、自然現象ではない!

想定外ではすまされない筈!

「ねらい」と逆の方向の現状に対する責任はないのでしょうか。

判断誤りへの責任はないのでしょうか。



もう朝からイラッ、です。

今日はめっちゃ、忙しい。

昨日は6000歩歩いたので、ほんの少しダイエッットになっていた!

ふむふむ。

プラス思考、大事だね!

2013/05/21

議会新人事決定

2013年度議会新人事が今日の臨時議会で決定しました。

 日本共産党市議団は以下の通りです。引き続きがんばって参ります

今後とも、ご指導、ご意見、ご要望等お寄せいただきますよう、よろしくお願いします。

ー常任委員会ー

総務委員会     藤井 克彦

民生委員会     松永千賀子

環境経済委員会  大田 浩(委員長)

建設委員会    竹腰 早苗

文教委員会   (残念ながら空白。共産党議員所属はありません)

 

ー特別委員会ー

基地対策   竹腰 早苗 (副委員長)

交通問題   藤井 克彦

水源対策   松永千賀子

防災     大田 浩

大都市制度  藤井 克彦

議会基本条例  藤井 克彦

議会運営委  大田 浩



 以上、4人で全力でがんばります。

臨時議会 専決事項にかんする質疑

本日の臨時議会には2つの専決事項の報告がありました。

私は、議案第53号に関して質疑を行いました。

以下は1問目です。(答弁と、2問目以降は議会録画中継や後日の議事録でご覧ください。)



 議案第53号に関して質疑を行います。

改正内容は二つ
①特定同一世帯所属者に係る減額対象基準額の算定の特例の恒久化について
一つは、
国保制度には、前年中の所得が一定以下の低所得世帯に対しは、法定減免の制度がありました が、後期高齢者医療制度導入で同一世帯で75才以上になった人が後期医療に移行し、国保の非保険者でなくなる人と、国保に残る人がいるという世帯が生ま れ、この世帯の負担増に関して、軽減措置が執られることになったわけです。

国保の平等割などについて、同一世帯に属する国保の保険税が従前と同程度になるように、との考え方から取られた軽減措置ですが、後期医療導入から5年としていた期限を恒久措置とするという内容です。

 伺いますが、5年間と限定していうのは、5年をめどに廃止との民主党政権時の見通しのもとでの5年だったと思いますが、ここで軽減措置を恒久化するということは、この前代未聞の悪法である後期高齢者医療制度が恒久化されるということを意味するということなのでしょうか?
 国の自治体への説明はどうなっているのか、また国や国民会議等での議論の状況、内容、把握しておられたら、伺います。

次に、二つ目の改正の部分について伺います。
国保の平等割の2分の1負担軽減されていた特定世帯が、「特定継続世帯」
として、3年間引き続き軽減措置を受けられることにはなりますが、軽減措置されるのが、2分の1から4分の1になります、ということです。
市民側からは負担増、値上げになるということになります。
そこで現行の状況を伺います。
1つ目、軽減措置を受けている対象特定世帯はどの位あるのか、2つ目、負担軽減額総額どの位か、3つ目、その内、市の負担分はどの位なのかという点を伺います。4つ目に対象特定世帯に於いての滞納状況について把握されておられるか、されておられるならば、実態を伺います。

そして市民にとって、負担軽減部分が少なくなるということは、国保税が高くなるということになりますが、この事の影響をどう考えておられるか、という点について伺います。

 介護保険料は3年ごとの見直し引き上げ、後期医療保険料は2年ごと、国保税は3年ごと、値上げになる仕組みですから、トリプルパンチのうえに、年金収入がどんどん減少していきます。
 今年10月からは老齢基礎年金等の年金額の特例水準2,5%について、3年間で解消するとして減額されていきます。
そして社会保障と税の一体改革の年金分野で現在検討されているのは、マクロ経済スライドの検討でこれが実施されると、20年間0,9%づつ減額されていくことになります。
 消費税の増税や円安による物価高など、政府の経済政策による国民の暮らしへの圧迫が続きます。定収入、病気がちの高齢者への負担増が重なります。

こうした経済情勢が背景にあるとき、これまでよりもさらに負担増になることを高齢者に押しつけること、特に、所得に関わりなくかかる平等割の部分で負担増を迫ることになることについては行うべきではないと考えますが、見解を伺います。
 
 以上 1問目を終わります。

2013/05/19

社会保障の改悪、後退を許すな

昨日は相模大野で行われた、社会保障協議会総会に出席しました。

市内様々な団体で構成されています。

第1部では、相野谷安孝氏の講演がありました。権利としての社会保障の歴史、資本主義社会の中で生まれた制度で「人間らしい労働と生活の保障」「富の垂直 の再分配」「この間日本で新自由主義、構造改革によって、権利から自己責任への考え方や財源を負担と給付の公平論のなかで、変遷してきていること」など、 権利としての社会保障が考え方も制度設計も変えられて、後退してきていることについて、歴史的な概略の話が始めにありました。



次に、日本の中の進行している「貧困」の実態について、具体的な事例、数値で示されました。



次に、現在検討が進められている「社会保障制度改革推進法」の内容、今後の一層の改悪の露払いとしての生活保護基準引き下げの内容と影響について、TPP 参加で医療はどうなるか、国民皆保険制度が崩れること、混合診療の解禁で、医療もお金次第、医療差別がまかり通っていくこと、など年金、介護、医療等社会 保障のあらゆる分野が一層後退させられること、それなのに、国民に向けては、社会保障のために消費税増税を」と。

増税と社会保障後退、ふんだりけったり・・ではありませんか!。



参考資料のなかで、2015年度までのの負担増が示されています。

以下の通りですが、本当にこのまま進むと大変な負担増です

2012年度

医療介護保険料の引き上げ

年金減額 0.3%

年金減額 特例水準の解消 0.9%

年金保険料の引き上げ

子ども手当減額

年少扶養控除の廃止など

           合計  3兆1000億円

2013年度

医療介護保険料(協会けんぽ、国保)   不明

年金減額 特例水準の解消 0.8% 6月実施

年金保険料の引き上げ

復興増税(所得税)

           合計  1兆3000億円



2014年度

医療保険料(後期高齢者、協会けんぽ、国保)   不明

年金減額 特例水準の解消 0.8% 6月実施

年金保険料の引き上げ

復興増税(所得税)

復興増税(住民税)

           合計  1兆4000億円



2015年度

医療保険料(協会けんぽ、国保)   不明

介護保険料             不明

年金減額 特例水準の解消 0.9% ?月実施

年金保険料の引き上げ

復興増税(所得税)

復興増税(住民税)

 合計  1兆5000億円

 

 増税、引き上げ幅が不明のものもありますが、毎年負担増となっていくこと、これにインフレ、消費税増税となると、「消費」がすっかり冷え込んでしまうではありませんか。

私達、市民生活のどう影響してくるでしょうか。



今日は、午前中は宣伝カー、午後から訪問活動を行いました。

そのとき、夫さんがなくなってから、一人でほそぼそと八百屋さんを続けているおばあちゃんが、「消費税が増税されたら、この店はたたむ。 もう、やっていけない」と。

このお店、地域の「たまり場」的なお店で、古い小さなお店にお客さんの誰かしらが、座って、お茶など飲んでお店のおばちゃんとお話しているのです。

こうしたお店や零細事業者を直撃する消費税、7月選挙後に景気判断し、実施するようです。

おばちゃんは、私に何度も、なんども、「頑張ってよ、頑張ってね」と言います。

ぎりぎりのところで頑張っている人の声は切実です。後はありません。

「くらし」を守る、まさに勝負です。



2013/05/18

早朝の目覚め、快調

花粉症の薬を飲まないでよくなってから、朝の目覚めが早い!

5時半頃にはだいたい目が覚める同時刻に目が覚めるのがすごい!

庭出、お花の様子を見たり、サボテンをボーつと見たり、それから、新聞、読書、原稿書きなどをします。

ゴミだし、洗濯なども。

食事は軽く。「大地のちから」の一粒は欠かさず。

夜は12時を越さないようにしています。

翌朝が大事。今日は後援会のバーベキュー会と市民団体の総会出席へ。

臨時議会の準備もあります。

2013/05/17

会派役職が決まる

議会人事の会派わりが決定しました。20日月曜日に議員名まで、決定となり、21日、臨時議会で承認となります。

1年ごとに議会人事がほぼ同じような流れできまります。

疲れます。

24日からは6月定例会が始まります。



今朝は6時半に上溝駅で全県一斉駅頭宣伝を行いました。

終わり頃、初老の男性がじっと目まえに座って聞いてくれる!

エッツ、なんだ、なんだ、

お酒片手にじっと聞き入ってくれる風情。(わー、朝からか!)

なんだ、なんだ。

終えてから、お礼を言い、お話すると、

日曜討論会が大好き、欠かさず見ている、と。

日本共産党、何故伸びないのか?

もっと頑張れよ。

はいはい。頑張りますよ。

3時頃今度は控え室へ尋ね人。たまに、駅頭宣伝時挨拶してくれる方。

しばし、対話。

共産党名前を変えたら?

憲法変えたら?

むーっん。この方、何故共産党を訪ねてくるのだろう?

対話に訪ねてくるということだけでも、貴重!

よし!

2013/05/16

首相、「731」で、被災地視察?

今朝の新聞記事によりますと、12日、宮城県東松山市航空自衛隊松島基地で、曲技飛行チーム「ブルーインパルス」の練習機に

首相が乗ったそうな。

隊長機で、機体番号は機種や製造順できまるそうですが、「731」。

731番号に乗ってニッコリの首相

韓国の報道が1面トップで「歴史挑発」「極右盲動」と報じた、と。

731部隊を詳しく説明し、「韓国、中国など被害国への明らかな挑発行為」と。



若い頃、吐き気を覚えるような731部隊の本(本の名前はもう忘れてしまいましたが)を目をそらさずに読まなければ・・・という思いで読んだ記憶があります。

もう亡くなった知人で南京事件時、三光作戦の様を絵でかき止め、個展を開いた画家から、晩年お話を聞いたことがあります。

戦争は人間を破壊する、人間性を奪い、人間の尊厳を奪う、傷つけるものだ、と。

静かな、品のいいその方からの言葉は重いものがあります。

人間を人間でなくさせる、戦争は絶対だめ、と戦後生まれの私は思いました。



歴史認識は「時代に生きる」ものとして、できる限り「真実」「事実」に掴むための努力が必要になります。

あったことを、それはねつ造だ、なかったことだ、真っ向から違うことを主張する。。。。

まだ100年も経っていない、歴史に関してもこの違い。

そして、国家のトップが堂々と隣国をまるで挑発するかのような言動をこれでもか、これでもか、と繰り返す。

不気味です。

歴史の動きがどう動いていくか、不気味です。



国民の良識が世論をどう作り、選挙にどう反映させていくか、です。

人間の良識に訴えていくしかありません。

戦争体験者がいるうちに。



隣の記事は日本維新の会代表の妄言に対する沖縄、大阪等各地の抗議行動、声明の記事。

あーあ。

2013/05/15

ひどすぎる、「慰安婦」関連妄言

あきれて、ものが言えない、というか、悲しいというか・・・・

妄言を繰り返す政治家。近隣諸国との関係を壊す価値観。

こんな人達が何故「高い支持率」?それが悲しい

(今、支持が下がってきているようですが・・・少しつづ化けの皮がはがれて、その特異な言動が支持されなくなっていくとは思いますが)

相模原市議会などでも、従軍慰安婦問題に対する陳情は反対多数で採択されずに国に意見書をあがることが出来ませんでしたが、「あれはうそだった」だの、「強制の証拠はない」だの、同じような価値観の議員が存在しますが。

他会派が一斉に陳情反対、には驚きました。

従軍慰安婦陳情を出された市民団体は各会派を回り、丁寧な資料を届け、当時軍医だったという方も丁寧な説明をされたようですのに・・・・

「慰安婦制度は必要」だの、「軍と売春はつきもの、歴史の原像」だの、ひどいものです。

さらに、在日海兵隊司令官に「風俗業活用をすすめ」たと、堂々とマスコミに得意げに述べるとは!

こうした政治家をトップにいだき、、そうだ、そうだ、とのたまう政党が「改憲だ改憲だ」と騒ぐ。

今時代は確かに、危険な曲がり角。

嘆いてばかりはいられない。悲しんでばかりはいられない・・・・

歴史を後ろ向きにすすめるか、少しでも前にすすめるか・・・

時代の子である一人一人に問われる・・・。



議会人事の協議の議運が行われていますが、少しづつ動き始めているようです。

フーツ。







2013/05/13

すごいぞ、サボテン。季節と共に

今日から議運。

議会人事を決める議運が始まりました。

各会派の要求がぶつかり合い、協議でひとつひとつ決定していきます。

今年度は会派も増えたので、決めるのには、少々時間がかかりそう



親指先の化膿が治らない・自然治癒力にまかせよう、と4日間がまんの子。

しかし、しかし、なにか、すごい指の色に。

まずい、まずい。このままではまずそう!。皮膚科にSOS。

若い美人のお医者さん、ふ、ふ、ふ、みたいな感じで、お薬を指先に、包帯をくるりくるりと。

手際の良さにおどろきましが、自宅にもどって、しばらくした、ぽろりと包帯がとれてしまったのには、もっと驚いた。

塗り薬と細菌感染症を治療するお薬と胃薬とそれぞれ1錠、1日3回、1週間でまだ良くなってなかったら、再度来て下さいと。



やっぱり、早期治療だな。

すぐにいっていれば、こんなにぐちゃぐちゃにはならずに、1回ではい、終わりのはず。



さて、サボテン

これは小さな、小さな私の癒やしのサボテン。

綺麗な赤い色、ピンクの色がついていた!





これが、今、新緑の季節のは、はい、こんなふう。





緑、みどり、鮮やかな黄緑。ぴかぴか。

ということは、秋には、また赤やピンクになるかも。これは楽しみ!

サボテンさん、光のほうを向くので、時々、いじわるに逆向きに向きを変える。

すると、時間はかかっても、また向きを変える。

植物ですが、反応があり、面白い。



昨日は南関東ブロック、党と後援会の主催、前進座観劇会へ。

三宅坂、国立劇場。大劇場。本格的歌舞伎。

演目は二つ。

元禄忠臣蔵、一本刀土俵入り

花道の近くの席。帰宅は10時近く。

朝はずっと作業していたので、お疲れ様でした!

2013/05/12

松永レポート 5月号

101号 松永レポートです。

松永レポ2013・5月号表面



中面については、PDFファイル保存が失敗しています。

しばらくお待ち下さい



松永レポ2013・5月号中面 (更新)

2013/05/10

平和行進へ

今日は核廃絶を願って、市内を平和行進します。

北海道から沖縄から8月6,9日のナガサキ・ヒロシマの原爆投下の日を忘れない、決して二度と繰り返させない、世界の核兵器を根絶する・・などの願いを実現するために結集する平和行進が、今日は相模原市に入ってくるのです。

「通し行進者」のたすきを掛けた方も2~3人います。何日もかけて行進続け、ヒロシマ、ナガサキへと。

せめて市内に入ってくるときだけでも参加したいと、毎年私も参加、ピースウオークしています。

参加団体、個人も多く、幅広いものです。

日本も核を持ったほうがいい、等と、思う人が国会議員になっている油断できない現状がありますので、国民の世論を核兵器廃絶へ、と少しでも訴え、広げるために、自分にできることには参加していこうと思います。



こわーい、こわーい夢

めったに夢を見ないのですが、(記憶していない?)昨日は怖さで目が覚めました!

「自然災害」が迫ってくる!

我が家の隣が小学校(夢の中の話)、

通常は避難場所ですが、このときはここに、竜巻、雷が迫ってくる!と。(夢の中の話。以下、ずっと夢の話ですから)

昼間なのに、夜のように真っ暗、強風と豪雨。テレビでみるような世界。

我が家にいてはあぶない!外に「てんでに逃げる」しかない1と。

でも私は母をおいていけない、

足が悪い母をかばいながら、必死で必死で逃げる。近所の人はとうに避難しているのか、だれもいない

雨と風が荒れ狂うなか、死にものぐるいで逃げる。夫も息子ももう見えない

ここで、バッツと目が覚める



わー。夢で良かった! 安堵、安堵。

でも、何故、こんな夢

でも何故、じぶんたちだけ、避難していなかったの?



4月の後援会の被災地訪問の旅行の記憶のせい?

2年目の津波、1年前?の竜巻、映像からですら、怖さが残る。

体験者でなくても。

こわい、こわい。

自然災害はこわい。



今日の平和行進は知り合いの被爆者に代わって歩こう!

体調、めっちゃ、悪いけど!



午後からは昨日控え室に電話がかかってきた市民の方の生活相談を受けます。頑張れ。

平和行進②

暑いほどの日射しの中、約130名~150名で平和行進を行い、市に要望書を手渡し、8月ヒロシマ、ナガサキへとつなぎました。

2013/05/08

「時代」とともに

SNS-近く始めたいと考えています。

フェイスブックやツイッターなどのなでは、まずフイスブックを始めたいと、「考えて」います。

これまでは、「あんまりやりたくない」な、程度でした。

でも、このプログでもいわばこちら側からの一方方向型の発信です。

コメントでの返信が少なく、限られていることなど、少々「双方向型」がいいかな、と考えもかわりつつあります。



そういえば、携帯電話の時も、少々抵抗気味で、初めから飛びついたことはありません。

四六時中拘束されそう!なんて感じられて  (これってあたっていないことはないけど。でも100%あたってはいないし)

田舎のおばあちゃんでも持ち始めて、使いこなしている様を見て、わー「時代」に遅れる!!!!



時代のなかで生きる

流されるだけの人生はいけないけど、時代のなかで生きるのですから、「使いこなしていこう」なんてね。



諸諸が整ったら、始めます

2013/05/07

「年には勝てぬ」

む、風邪気味

それに右手親指、先端部分やけど?で熱持って、ぷっくりして痛い。

そんな中連休は「お仕事」をせっと。

行楽地にいきも帰りも渋滞といのは、私的には、とてだめ。

衣替えしたり、孫達のおもり、公園で遊んだり。

のどが痛く、食欲がでない、

そのせいで少々ダイエット(やった!)

また、通常の生活が始まる

5月臨時議会は議長副議長を決めることもあり、会派がひとつ増えたこともあり、少し難航するかな・・・・

4年間の議員生活の一区切り、折り返し地点になったということで、この間は駅頭宣伝で初めての市議と鉢合わせになりました。

国会選挙結果で、またぞろぞろ、市議会レベルでも動きが始まるかもしれません。

2013/05/05

「子どもの日」に

いつのまにか、孫4人のおばあちゃんに。

赤ちゃんだった孫達も、ぐんぐん成長する。

パンパースから自分でトイレができるようになり、お箸がつかえるようになり、字が書けるようになり、

社会関係、人間関係では、「待って」ができる、お出かけというと、大人の靴をさっと並べてくれ、靴べらまではい、どうぞ、と。

エーッツいつの間にこんな気配りができるようになったのだろうと・・・。3才までこんなに成長が。

我が子のときも感動しながら、1日1日夢中で過ごしてきましたが、おばあちゃんとなると、少し離れた目線で楽しみながら向かい合える。



初めて自分が母親になった時、お産の痛みに耐えながら出産しおぎゃーという産声を聞いたとき、素直に祖母や、母に感謝できた。

こんな思いをしながら、私がうまれてきたのか、こんな思いをしながら、兄達や、妹達を生んでくれたのか、

心の底から「ありがとう」と思えた。



我が子と歩んだ人生はかけがえのないもの、

世界中で一番愛していこう、最後まで愛していこうと思ったものです。

そして、気がついたことは、自分の子への愛情はかけがえのないものだけど、同じように、よその子も、一人一人、それぞれかけがえのない命だということ。

命の重さは皆同じ、と痛感できたこと。





子どもを育てていくということは人生をまた再び味わうこと、なんかこんな感じの名言があったように思います。



今子どもの貧困の問題や虐待や、競争主義、放射線汚染など、現代社会様々な問題があります。

どの子も全ての子が、幸せでありますよう・・・。

昨日は午前午後の宣伝カーによる宣伝活動を終え、イギリスから来日しているお友達の息子と、我が家全員、孫達も一緒に賑やかに過ごしました。

2013/05/03

憲法記念日に

今日は66回、憲法記念日

午前、午後と宣伝カーで市内で、宣伝をしました。

車の中から、また、通行中の方からの声援はとても励まされます。

憲法96条改定、9条改定、と憲法そのものが問われる選挙戦も近づいてきます。

戦争への道は許さない。

叔母の悲惨な戦争体験、身近な人達の戦争体験、聞くにつれ、何故こんなひどいことがおきたのか、止められなかったのか、と思うのです。



原発でもあんな悲惨な状況nなったのに、収束できないのに、外国へ輸出をする、なんて。

日本の技術は優れている、なんて。

日々起こること、おかしいと感じること次から次からでてきます。

自民党の憲法改正草案なども読みながら何故、変えようとしているのか、きちんと捉え、危険な内容を読み解き、反対の声をあげたいと思います。

2013/05/01

第84回メーデー

今日はメーデー。

中央メーデーも行われますが、各地での地域メーデーも行われ、相模原で行われるメーデーには毎年参加しています。

本市では、中央公園で行われ、集会、デモ行進を行います。

労働時間が8時間、自分と家庭、社会参加に8時間、睡眠等に8時間、なら、人生もっと豊かになるでしょう。

資本主義社会では、飽くなき資本の利益追求で、長時間過密労働や使い捨て自由の有期非正規雇用など、労働者の諸権利が奪われてしまいます。

ノー、と言おう、

チェンジ、と言おう!



昨日地域で赤旗の集金をしたのですが、論戦をいつも挑んでくる方、今回も。30分も。

今の政治のありよう、政治家の姿勢に怒り、真に国民のために働く政治家はいないのか、と嘆くのです。

誰がなっても同じ、どうせ変わらない、

議員はいらない、

無報酬でやるべきだ、

ずっと同じ。

論戦を続けているのに、変わらない。(説得力のある話を私が出来ないからかもしれませんが。)

でも彼はこうして、いつも論戦を挑んでくる。

でも変わらないだろうな・・・。

でも生活していて、怒りもあるし、変わって欲しい、変わるべきとの期待があるので、しんぶn赤旗を読む、論戦を挑む

もっと頑張ってよ、と彼なりの応援をしてくれる

もう、全く、変わらないよ、と言いながら・・・・

晴れた5月のメーデーに

「晴れた5月のメーデーに・・・・」良く、歌ったものです。

世界に各地で全国で行われているメーデーに呼応して相模地域メーデー、今年も参加。

朝の駅等宣伝を行い、中央公園での集会、デモ行進、午前中で解散です。

13,4団体が参加。各団体からの報告、決意表明。

市議団も4名全員参加です。

5月臨時会も始まります。

7月参議院選挙に向けて忙しくなります。