2013/04/28

春まっただ中、社会は?

憲法問題、原発問題、消費税と社会保障、景気と雇用、TPP、重大問題次々。

昨日はキリスト教、牧師さんとお話ができました。

6月9日の演説会のお誘いです。

牧師さんは、憲法改悪は絶対に許してはならないと。

戦前、信教の自由まで押しつぶされ弾圧された歴史を繰り返してはならない、と。

静かに、けれど、力込めて、熱っぽく語るお話には引き込まれます。



先週のトマト農家の方はTPP問題で熱く語ってくれました。

自家用トラックに手書きで、TPPは「国」を壊す、と

農業を、と言うところを消し線の線を引いてその上から「国」をと書き加えてあるのです。

そして自分が何故そうしたのか、学び知る中で、TPPは農業破壊の問題ではない、と。

みんな、わかり初めている、共産党、頑張って欲しい、と。



各地での学習会も次々。7月の選挙も目前。

日々の活動を行いながら、目をやれば、春満開。小さな小さな我が家の「庭」(とは言えないほどの小さなスペース)

にも、「春」、次々と花が。

大好きな「ほうき草」の芽が!まだ生まれたて!

お洗濯ものを干すとき、踏んづけてしまいそうなので、植木鉢に。秋には、ピンクに。グラデーションになって綺麗。ボーッと見とれる風情になる。良く今年も生まれてきてくれたね、と。

サンキュー!