2017/10/23

台風一過、青空のもと

昨夜は強烈な雨風の台風
市内でも境川始め、5河川付近に「避難準備・高齢者等避難開始」令が
発令されました。

 避難所とされている向陽小学校体育館に行ってみました。
避難されているかたはいませんでしたが、体育館にいると、時々怖いくらいの豪雨の音。
車でない高齢者が、夜ここまで、避難してくることはたいへんなことです。
2階のある家は2階に避難できますが、平や1階アパートなど
いろんなケースがあります。

過去に、川のすぐ近く、氾濫した水が道路にあふれでたかたの家はひらや。ほんの少し道路より高い土地だったので、床下、床上浸水には至らなかったですが、一人暮らしの高齢者、どんなに不安だっとことかと
あらためて思い起こしました。

 3人の職員さんの2人が開票立ち合い人の仕事ででかけ、若い女性職員一人になるため、しばらく、地域の防災担当のかたが自宅から、防災無線等、必要なものをとりにいく間、しばらく、二人で話をして時間を過ごし、
また、地域の防災担当のかたのお話しをうかがったりしました。

 今朝、川の状況、現地をみてきましたが、ちょうど自治会長さんが
いらして、今回の状況や以前の状況など、もうかがうことができました。

 自然災害がどこでも起こり得る可能性があります。
50年に1度、100年に1度なる豪雨や強風、竜巻など、
想定のレベルをかえなければならない、そのために
なにを優先しなければならないか、が問われていると思います。

 「安全に、安心して暮らせる」こと、これは行政の一義的責任だとあらためて思いました。



2017/10/21

自分の心に問うて、選挙へ

今に生きる私たちの責任は、「時代を前進させること」

「戦争」はもう古い。人間同士が「殺し合い」、国土を破壊すること、は
人間の知恵がない、低次元。
対話、対話、外交力を
戦争は野蛮、対話こそ人間的。
動物は「話合い」をしない。

 戦争で「儲かる」企業、人がいるから戦争を「起こす」。
そのために、金もマスコミも大動員。
最後は、「人づくり」
戦争はやむを得ない、とか、正義の戦争とか、
大義明文をふりかざす

騙されない、
繰り返させない!
ぶれない

「格差」も古い
「共に」が先進。

日本共産党とともに。
「前に」「前に」

歴史を後退させない。
マスコミがいうように自民圧勝なら、
いよいよ危険。

国民の1票、1票が政治を変える。

比例代表選挙は日本共産党とお書き下さい

接戦です。
おちからをお貸しください


期日前投票へ行こう  明日は台風、自然も政治も大荒れ

明日は悪天候の予想です
神奈川14区の期日前投票所はこちらです

 中央区
   ●けやき会館 2階  受付時間 午前8時30分~午後8時
   ●大野北公民館   受付時間 午前9時~午後5時
   ●田名公民館     受付時間 午前9時~午後5時
   ●上溝公民館     受付時間 午前9時~午後5時

南区
   ●南区合同庁舎   受付時間 午前8時30分~午後8時
   ●大野中公民館   受付時間 午前9時~午後5時
   ●東林公民館    受付時間 午前9時~午後5時

緑区
   ●緑区合同庁舎   受付時間 午前8時30分~午後8時
   ●大沢公民館    受付時間 午前9時~午後5時
   

投票に行こう!ダメなものはだめ、と

明日は投票日です。例は共産党、小選挙区は中野渡じゅんとお書き下さい。

 明日、1022()は衆議院議員選挙の投票日です。


日本共産党中野渡 じゅんは、“安倍政権から、政治を国民の手にとりもどそう”と、選挙戦を通じて全力で訴えてきました。


安倍政権を退陣させるには、「市民と野党の共闘」の勝利がどうしても必要です。


 どうか「市民と野党の共闘」をすすめる力、日本共産党と神奈川14区の中野渡 じゅんを勝たせてください。
 日本共産党は困難があっても、“共闘の力で政治を変える”という道をゆるがず貫いてきました。日本共産党は全国67の小選挙区で候補者をおろし、249選挙区で候補者を一本化してたたかってきました。


 総選挙は2票あります。比例代表選挙では「日本共産党」とお書きください。


 比例選挙で「共産党」と書いていただければ、南関東ブロックでは、志位和夫委員長、はたの君枝候補、岡崎ゆたか候補をはじめとした議席の獲得につながります。


 比例は一票を争う大激戦です。日本共産党を比例で大躍進させてください。


 明日の投票日、比例代表は「日本共産党」とお書きください。


 小選挙区は、中野渡 じゅん とお書きください。

候補者カーで市内を駆け巡りますと、連日感動のドラマがありました。

 子どもたち、若い女性、中高年、高齢者、直接候補者との対話は
安倍政権への怒りであったり、戦争への不安であったり、雇用の不安、
 防衛、軍事、憲法、・・・安倍政権の国民無視の逆立ち政治がいかに国民を追い詰めているか、国民はいかに怒りを持っているか、
いかに、政治を変えたいと願っているか、それぞれの言葉、願い
が直接候補者に託されているその瞬間に立ち会えたことは感動でした。

12日間の選挙戦、明日が最後の政策訴え、支持の訴えができる最後の日となりました。

歴史の前進に向けての日本共産党の政策が国民にとどきますように、
悪天候のなかで歴史的な選挙、必ず投票にお出かけいただきますよう
お願いします。
 
 
毎日辻々で、誠実にひたむきに政策を訴える
 

がっちりと握手。共産党へ願いを託す高齢者
 

若い女性が演説の最初から最後まで聞き入ってくださり、
自らの生活状況を語る。「美術大学を卒業しても、
アルバイト暮らし、将来に展望が全くない」と。疲れた心と体、
そこに共産党。誠実に聞き入る中野渡候補が励ます展開に
未来をともに切り開きましょう!
 

雨にも負けず・・・語る、訴える・・・・
 

隣のおばさん、あっ!私だ!
もこもこ。だって寒い!

2017/10/15

市民選挙ボランティア、えー!今日も!ドラマ満載の日々。

おばさんになると、感動やさんになるのかな。
今日も事務所に詰めていますと、市民の選挙ボランティアが。
それも3人!
ここ連続来ている「若い綺麗な女性」も引き続き。

市民とともに共闘する選挙、
「安倍政権を終わらせる!」、「新しい政治を」、

こうした流れが大河を作り、歴史を変えるんだろうな、と。
ここ、相模原からも、・・・・

歴史の前進の方向への大道を歩む。
責任と誇りと。

子どもたちを想いうかべ、車椅子のおじさんを思い浮かべ、
窓から手を振ってくれた、おじいさんを想い浮かべ、
ETC,ETC・・・・・


選挙は総合戦

候補者の演説で心を動かし、
組織戦、1票1票を訴え、
宣伝戦、ビラや駅頭、街頭での勢い、注目と共感を呼ぶ

99%の国民の幸せのための政治を!

共産党は「イメージ」による、ハンディを持っていますが、
必ず、理解、共感、支持していただける、

ゆうゆうと、
力強く、
「共に」を訴える。

明日から市民・文教常任委員会の視察で金沢市、石川県へ
怒涛のあらしから2日間遠ざかる




2017/10/14

市民ボランティア、次々と

「市民」との共同での選挙戦、
本当に、こんなことって、起きるんですね。

昨日、党事務所に若い綺麗な女性が
「選挙のお手伝いしたいのですが・・」と尋ねてきました!
急な選挙で、てんてこまいの事務所

「ありがとうございます。
では、早速、これを・・・」と、
細かな作業をお手伝いしていただきました。

この方は今日も、こつこつと肩の凝る
細かな作業をしていただきました。
いきいきと、楽しそうな笑顔で手伝っていただくのは
本当にこちらも明るく、嬉しくなります。

で、今日は別の熟年女性が。
また、夕方には、あるクリニックのお医者さんが
手伝いたい、と尋ねてこられ、
候補者カーの回りで配布できる候補者(^◇^)写真入りのビラ
に小さな証紙を張る作業を3時間ほどしていただきました。

カンパを届けに来て下さる方もあり、
日々感動の連続です。

今日は夕方4時半から桜木町駅まえ広場での志位委員長演説会に
参加してきました。
志位委員長、はたの君枝候補、岡崎ゆたか候補、
選挙本番中の候補者の演説は迫力にみち、心に届くものでした。

さて、中盤に入っていきますが、
1日1日の変化で、大波を作れるよう、
真の「希望」につながる
新しい政府を

国民の手に取り戻そう、と
活き高い熱気あふれる演説会でした

16日には相模大野駅、午後3時での田村智子副委員長を迎えての
演説会となります。

カー全景


20歳の青年の応援発言がまさに「希望」
堂々と、
説得性をもって、青年の要求と政治、そして
日本共産党の値打ちを語る

市民連合の方の、応援演説も
市民と野党の共闘が新しい日本をつくる!

34歳、若々しい力強い演説
未来を、温かく、力に満ちた青年に託したい

はたの君枝比例候補
日本共産党が伸びて、現実政治を
どう動かしたか
市民との対話の中からの説得力ある演説を
かけがえのない議席であることを実感

候補者頑張れ、国民の声、願い届け!





2017/10/12

心に届け、選挙の訴え

今日は早朝6時半より、中野渡候補とともに、駅頭での挨拶
14区は3人の候補が。
共産党、自民党、希望の党

駅で、バッティングしないよう、3候補は日程調整をしていますので、
地方選挙の時のようにはなりません。

主要駅でそれぞれルールにのっとって、有権者に訴えます。
朝6時半から、夜の8時までの宣伝カーに。(日中は他の用があり、降りましたが)

さわやかに、きちんと政策が伝わるように。
宣伝カーで回っていた時、淵野辺周辺で、
車椅子の夫を押した老夫婦。
共産党の宣伝かーに、車椅子の夫さんが、
びっくりするような大きな声で「頑張れ!」と。
こういう時、胸キュン、です。(あれ?こんな時に使うんじゃなかったっけ?)
「その期待に応えられるよう頑張ります」と。

夕方宣伝カーで回っていると、
以前生活相談に乗った親子にばったり
お互いすぐにわかり、奇跡的な再会を
喜び合いました。

また、19時半からの相模原駅頭宣伝、
以前しんぶん赤旗を読んでくださった方が寄ってきて、
しばらく情勢談義。
その後、自分のほうから「赤旗」をまた、読みたい、と。

わ、わ、選挙って、いろんなことが起きるものなんです。

 明日は比例選挙カーが相模原に入ります。
小田急相模原から橋本駅まで、私が道案内
比例候補は小選挙区候補との重複ですが、
若い岡崎候補です。

橋本駅で18時半から1時間比例候補の演説が行われます。


以下の写真は今日の写真、相模原駅と相模大野駅で。

早朝6時半 相模原駅


10時半相模大野駅




さわやかで、力強い 畑野きみえ比例候補