2017/04/24

「公民館及び津久井地域の市民利用施設の無料継続を求める申し入れ」


本日、日本共産党相模原市議団は、市長、教育長に対し、「公民館及び津久井地域の市民利用施設の無料継続を求める申し入れ」をおこないました。

こちら  をご覧ください。

応対したのは、教育局長、生涯学習課長他ですが、申し入れ書を手渡したのち、30分ほどの懇談を行い、双方の意見、議論を行いました。

共産党市議団としてはこれまで、本会議や委員会など議会内とともに、市民とともに、議会外でも宣伝行動等のなかでも、公民館の無料継続を求める論戦を行ってきました。
本日の懇談会でも、市側は
「公民館の安定的継続性」のためにも、一定の費用負担に関わる市民負担を、極力低減を務める、とこれまでの主張の繰り返しでした。

本日の申し入れを振り返り、
あらためて、市民にとっての公民館とは、なんだったのか、
また、市側、国側が「公民館の役割」に求めてきたものは何だったのか、
について、
「第45回相模市女性学習グループ研究集会 本年1月19日 開催の
やっぱり社会教育だね! さがみはらの公民館が
大切にしてきたこと」

基調講演 「さがみはらの公民館が大切にしてきたこと」
   講師 古川 喜章 
 
 パネルディスカッション テーマ「地域と公民館」

の冊子を
を再読しました。


実行委員長のまとめの言葉が印象的です。
1984年 市公連で、「4つの原則」 (①住民主体の原則、②地域主義の原則 ③教育機関の原則、④貸館の無料、公平、自由の原則と同時に、
めざす公民館のあるべき姿(公民館の役割と目的)を紹介しています。

住民の出会いの場
 ②生きがいを創造する場
  ③生活課題を学習する場
   ④自主的集団活動の場・連帯を広げる場

趣味のサークル活動、OKではないですか?
「公益性」があるか、ないか、などの
判断は問題ではないのではないですか?

 相模原公民館の71年、
歴史を踏まえ、未来を想い、あるべき方向性、市民とともに、
主張していきたい!



2017/04/22

米軍基地 相模補給廠一部返還の南北道路、本日開通

 地元から、また全市民から持ち望まれていた、
宮下本町と相模原を結ぶ南北道路が本日から開通となりました。
米軍基地が現実に返還され、市民利用に供される、その瞬間に立ち会えたことは、感激です。

 道路部分の2haのうちの約半分が今回
暫定利用のために、整備されました。
延長約900mですが、駅利用者の送迎用、
また、自転車、歩行者等には利便性が高まります。

 主催者の市長、来賓あいさつと続き、最後の地元小山自治会連合会会長のお話しは心に響きました。


「戦後米軍に接収され、基地内に住んでいた100軒近くの人たちも立ち退き、基地内に立ちいるときは、身分証明を提示。
 小川前市長の時、米軍再編市内基地強化が迫られ、
「黙っていれば百年先まで、基地のまち」のスローガンのもと、
市、議会、自治会等、市民ぐるみで、
基地返還、基地強化反対の集会、基地の回りをデモ行進した」、と。

地元の方ならではの想いが伝わります。
 
デモ行進のことなど、そうそう、と
思い出されました。

 特に地元の住民にとっては、駅側に行くには、ぐるりと迂回しなければならず、不便を強いられてきましたので、「基地返還」は、
地元の皆さんの感慨は深いものがあると思います。
自治会長さんとお話しをし、労をねぎらい、
そして、基地のさらなる返還に向けて、
ばんばりましょう、と。

 秋ごろまでには、向陽小学校側への東西道路も開通に
なれば、さらに利便性が高まる一方
車の流れが大きく変わることになり、交通上の課題が懸念されます。

住宅部分の返還地の暫定利用もかんがえられるようですので、
市民にとって、魅力的なまちへの一歩に
なるよう、
市民の立場から、声をあげていきたいと思います。

 
工事中のころ

いまか、いまか、
 
お待たせ!
 
 

ベンチもあります

全面整備なら約2倍に!暫定利用でも
市民の生活にとっては、前進!
基地って本当に障害になっていたんですね 
 
この金網も、「過去」になるときが

 
 

2017/04/20

自衛隊 南スーダンから 第1陣が帰国

 今朝の赤旗から

南スーダンから自衛隊第1陣が、19日に帰国(約70人)の記事がありました。5月末までに350人全員が撤収、と。

 国民が南スーダンへの自衛隊派遣に反対の声をあげていたのに、
強行!
新任務につくことから、最悪の事態も想定され、
祈るような思いで、家族、国民は、
自衛隊撤収をと、行動してきました。

この記事のなかで、
第9師団長のコメント
「自衛官であるので、肉体的な休養はすぐとれると思うが、
精神的な休養に時間がかかるかもしれない」と。
精神的ダメージへの懸念を示しています。

見た目は変化は見られなくても
心のなか、精神的な変化には注視していく必要があります。

この記事から、すぐに
高齢女性の話が思い出されました。

彼女の夫さん
中国戦線での「加害者」の立場で
恐ろしいことを実行してきた。
戦後、帰国、結婚。

妻には何も語らなかったが、
夜になると、大きな声、叫びでうなされる!

何回も。
そして
ある時、
妻に
自分の戦争体験、自分が行ったことなどを
話したそうです。

妻は、その話をだれにも話せずにいたが、
戦争法が国会で審議、強行採決で通過したとき、
決心。

二度と再び、
戦争させないために、
夫の苦しみを味わせないために、
戦争の事実、真実を
語る、ことを決心したそうです。
自分にできることを
残る命をかけて
「闘いたい」と。

「人間が人間の命を奪う」
ことになる戦争は
どんな大義名分をもってしても、
許さない!

過去の戦争犠牲者の御霊に報いる
のは、「戦争がその後再びは起こらなかった」ということ。
「戦争での犠牲者は生まれなかった」ということ。
そうでなければ、「犬死」になってしまう。

今年は憲法施行 70年
秘密保護法、戦争法を強行可決し、武器3原則を投げ捨て、過去最大に軍事予算を。

そして、今、共謀罪をなにがなんでも強行しようとする!

歴史の転換点で、
「時代」に生きる責任を果たしたい!

今朝の記事から。


2017/04/13

本日、TVKで相模原市の公民館問題について放映

市からの情報提供で、

本日、テレビ神奈川 TVKで、午後9:30~の「930α」という
番組で、本市の公民館問題について放映される、と。


そういえば、
TVK記者が取材に来て、いろいろ話をしましたが、
テレビがこうした問題に関心をもち、議員に
取材にきたことに驚きました。

その後、なん連絡もないので、
取材だけなのかな、
放映はされないのかな、
と思いましたら、今日、放映。

どのように描きだすのでしょうか

2017/04/12

日米で、北朝鮮へ攻撃?

ネットニュースなどで、怖い内容が発信されています。
日米で今にも北朝鮮への攻撃開始かのような。

根底的な不安。
祈るような思い。

この頃のニュース、翌日になにがでてくるか、
不安。

今、
「新共謀罪の恐怖」 平岡秀夫、海渡勇一共著 緑風出版
を読み進めています。
安倍政権の恐怖が伝わります。
今の時代が歴史的岐路にあることが伝わります。

孫たちの笑顔や可愛い声を聞いて、
涙が出そうになりました。

バーバとして、
力の限り頑張るね、
という気持ちにさせる本です。

やっと満開のさくら、
はらはらと散っていきます。自然の恵みを
ただただ、ぼっーっと眺めています。
で、この頃、また、味わえたことに感謝の気持ちが自然にでてきます。

 

2017/04/11

シリア、アメリカ、北朝鮮、気が滅入る

イラク戦争勃発は、米大統領はイラクフセインが大量破壊兵器を
もっていると、して、国連安保理決議なしに、先制攻撃を行った、

6日、アメリカはまたもや、安保理決議なしに、
シリアが化学兵器を使用した、として、ミサイル59発を発射した。

安倍首相はすぐに「支持」表明をした。

アメリカは安保理を無視、自国の判断のみで単独決行する

そして、北朝鮮にむけ、強いメッセージをあげ、
北朝鮮近海に戦争体制を敷く

心がふさぐ。
強い怒り、抗議の想いより、先に、
沈殿するような疲労感が・・・。

「さくら」大きな幹から直接咲く、花びら。枝、小枝の先では
なく、、こんなところに「花?」っていう感じで咲く「さくら」


2017/04/08

「核兵器禁止条約の国連会議の報告会」志位委員長報告

日本共産党志位委員長報告会が中央員会Hpにアップされています。

「核兵器禁止条約の国連会議」に参加して
http://www.jcp.or.jp/web2/20170407-kakukinshi.html

志位委員長等、日本共産党代表団は
  ・「国連会議」議長に「要請文」を手渡し
  ・「文書発言」
  ・国連会議での「演説(ステートメント)」
  ・38カ国と期間との懇談
  ・各国のNGO.PNND(「核軍縮・不拡散議員連盟」)との協力
   関係づくり

    ETC